FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



公民の勉強を始めよう

連休明けの5月12日に書いた記事「社会科の進度が遅い件」の続きです。

中3の皆さんの学校では,社会科の授業はもう公民に入っていますか。「当たり前だろう」と言う人は幸いです。正味で残り4~5か月となった中3の学年で,公民をきちんと教えて卒業させよう(高校入試を受けさせよう)--という意思が先生方にあると期待できるからです。授業にしっかりついて行ってください。

2学期には学力テスト総合ABCがあり,それぞれ
 A(9月11日) 現代社会・日本国憲法
 B(10月10日) Aの範囲+人権保障・国の政治 
 C(11月7日) Bの範囲+地方自治
(手許に今年度の出題範囲表がないので昨年度の内容を書いています。例年こんな風です)と,公民分野の前半からきっちり出題されます。

道コンでも,
 第3回(10月19日) 現代社会 人権思想と日本国憲法 基本的人権 …①
           選挙と政党・三権のはたらき …②
           【①から1題必答,①②から2題中1題選択】
 第4回(11月23日) 第3回の範囲+地方自治【必答】
 第5回(1月11日) 第4回の範囲+消費・市場と企業・金融【必答】
 第6回(2月1日) -入試予想問題につき出題内容は秘密-

という範囲で出題されます。第2回(8月11日)では範囲は地理・歴史のみです。

これらを利用して学習内容のまとめをしていけばそのまま入試の準備になります。がんばってください。

さて--

中学によっては今やっと歴史の終盤というところもあるに違いありません。せめて夏休み前までには歴史を“効率よく”終わらせてしまおう,という程度の意思は先生方にはあると期待したいところです。しかし,だとすると,公民は涼しくなるころに始まり,残り正味3~4か月の期間で“効率よく”授業をされるか,下手をすると(先生方が…)入試までに公民が終わらない(!)可能性があるわけです。

実際,西区のある中学では「学力ABCに授業が間に合わない」ということがしばしば起こっています。重症ですね。呆れている場合ではないのですが。

前の記事にも書いたとおり,公民は大人も普段関知しないような政治や経済の初歩を学ぶので,14~15歳の少年少女には難しいものです。歴史以上に“効率のいい”学習などできません。“効率のいい”授業をされてしまうか,下手をするとABCとか高校入試に間に合わない可能性がある皆さんは,今日からでも公民の学習を自主的に始めてください。自分の学力は自分で守らなくてはね。

教科書の最初にある「現代社会」のところは自習しにくいので,小6で少し学んで予備知識があり,歴史とも重なる部分のある憲法と政治のところから始めるのです。教科書を読んでノートに整理していくのがお勧めですが,これが要領良くできない人は,教科書を読みながら中学や塾のワークの基本問題を解いてみるだけでもいいでしょう。「一問一答」形式の問題ならすいすい行けるはずです。なにより手を動かして書いてことが大切です。

公民の憲法・政治の分野では「国の交戦権の否認」とか「内閣の助言と承認」とか「健康で文化的な最低限度の生活」といった憲法の文言を理解・記憶する必要がある。また,その後にくる経済分野とか国際社会のところは政治分野以上に難しいように思います。ぜひとも早めに着手してください。公民の授業が順調に進んでいる中学の人も,予習を進めておくと絶対にいいですよ。




週刊あれこれ(2019.7.1~7.7)

某日 中3夏期講習の課題表をつくる。全部で16日間,どの日にテキストの何ページを取り上げるかを示して,授業に間に合うように予習してもらう(中3生らと私の間では「ノルマ表」と呼んでいる)。例年,前年の実際を踏まえて微調整するだけで済む作業だが,今年は社会の教材を変えたので社会だけは計画をイチから立て直す。

某日 中3夏期講習の英作文教材を書く。毎日3時間半の枠で3教科やる中,内容によっては時間が余ることがある。以前は歴史のまとめなどをやっていたのだが,昨年からより実用的に英作文の演習をすることにした。昨年の教材は講習中余裕のない中でつくったもので不備が多かった。それを講習開始前までに整備する予定。

某日 ある私立高校の説明会へ。ここには普通科で3コースあるのだが,全体に合格レベルが上昇,来年は合格基準を上げなくてはならないという。また,3番手のコースにも高学力の生徒が増えたため国公立大を十分狙える指導内容にしていくとのことであった。この3番手のコースは従来「滑り止め」という位置づけだったはずだが,入試レベルが上がり,指導内容も変わって,その感覚が薄れていくのは結構なことである。

某日 労働保険料の申告・納付のため北海道労働局へ。学生アルバイトが数名いるだけ,雇用保険はなく労災保険のみなので書類作成は至って簡単。手続きは最寄りの郵便局で全部済むのだが,書類の出来に100%の自信があるわけではないのと,たまに役所の空気を吸ってみるのもいいと思い,毎年足を運ぶ。

7月6日(土) 理科講座の第9回。中1「花のつくりとはたらき」「身近な生物の観察」と中2「元素記号・化学式・化学反応式」「いろいろな化学変化(1)分解」。
 中1は化学分野を終えて生物分野へ。植物は光合成・呼吸・蒸散といった活動とからだのつくり,それに分類がからんでくるので,簡単そうに思えて意外に教えづらいところ。「これは小5で勉強したことなんだけど」とか「これは次回詳しく話します」とか断りを入れながら,話の筋を見失わないように気をつけて進める。
 中2は生物分野を終えて化学分野へ。教科書では分解から始まるが,本講座ではまず元素記号と化学式・化学反応式,さらに「単体と化合物」「分子をつくる/つくらない」という,化学分野の文法にあたるものを一通り手ほどきし,続けて,化学反応式をきっちり示しながら分解・化合・酸化還元と進めていく。場合によっては中3配当のイオンの話も混ぜる。生徒には中2で足腰を鍛えて,中3化学,さらに高校化学も首尾良く勉強していってもらいたいと切に思う。



週刊あれこれ(2019.6.24~6.30)

某日 部活の夏の大会がそろそ終わるのか,大会の最中にはなかなか塾へ来れなかった高校生たちがちらほら戻ってきた。新規で数学の添削指導を受けることにした生徒がひとり。

某日 高校化学のメンテナンス。この日は「ベンゼンとその誘導体の置換反応」。

某日 高校世界史のメンテナンス。この日は「ヨーロッパ主権国家体制の展開」。

6月29日(土) 理科講座の第8回。中1「物質の状態変化」と中3「中和とイオン」。定期試験対策の期間を挟んだ後なので前週もこの日も中学の授業を追いかける恰好だが,中学の授業数回分をまとめて講義する当講座としてはむしろやりやすい。中1は「状態変化」の話に「蒸留」をくっつけるので,解説している時間が長く,演習問題の量がほどほどであっても毎年オーバオーフローする。中1・中3ともこの講で化学分野が終了。



週刊あれこれ(2019.6.17~6.23)

通勤路の中央分離帯に植わっているラベンダーが花盛りで美しい。

某日×2 中1生たちが中学入学後初めての定期試験を終えたので,成績が出たところでご父母と進学相談会。道コンの後の相談会と同じく,各ご家庭に約1時間ずつ。5教科の問題と答案を見せてもらい,誤答の分析をし,良かった点・反省点を抽出して今後に活かす。

某日 コメダ珈琲店二十四軒店へ。先日『水底の歌』をやっと読了したので,中断していた本を再開。白井聡『国体論』(集英社新書),アインシュタイン/内山龍雄訳・解説『相対性理論』(岩波文庫),榊原英資『君たちは何のために学ぶのか』(文春文庫)を並べて読む。

某日 小型の手提げを押入から引っ張り出して携行することにし,コンビニでレジ袋をもらうのをやめる。これまでもらったのは犬散歩のときのゴミ袋に重宝していたのだが,今後は安いPE袋を使えばいいだけのことである。

6月22日(土) 理科講座の第7回。中2「動物の分類」「生物の進化」と中3「酸とアルカリ」。中2分は昨年まで不足気味だった演習問題を補った。「動物の分類」では「軟体動物」,「生物の進化」では「脊椎動物の類縁関係」と「生きている化石」。

6月23日(日) 夕食当番。例によってカレーになりそうな案配だったが,TVCMで見て気になっていた「完熟トマトのハヤシライスソース」をスーパーの売り場で見つけてハヤシライスに変更。トマトの酸味が効いていて,初夏の日曜に相応しい爽やかなハヤシライス。お勧めです。



北海道公立高校入試が変わる

【北海道新聞2019年6月22日付の記事を参考にしています。道教委が21日に発表したとのことですが,24日朝の時点で道教委のHPにはまだ掲載されていません】

入試問題がらみのことだけ確認しておきたいと思います。

①変更は2022年度入試から。現在中1の生徒が最初の受験生です。
 現在中3と中2の生徒は現行の方式の入試を受けることになります。

②国・数・英の学校裁量問題を廃止して問題を一本化。
 全受験生が基礎的な問題から高難度の問題までを解くようになります。試験時間が長くなる(後述)ことも考慮すると,現在の共通問題に裁量問題の1問を付け足す(差し替えをせずに)ような感じでしょうか。
 裁量問題もまた1種類でした。トップ校から中堅校まで同じ問題ではやはり選抜に使いにくい。トップ校に“配慮”すれば中堅校では誰も解かない(解けない)問題になり,中堅校に“配慮”すればトップ校で満点続出となるからです。いっそ一本化して問題の<難度の幅>を大きくするのは良いことだと思います。
 なお,21年度からの新しい学習指導要領が「思考力・判断力・表現力」を重視しているための変更ということですが,入試というのは本来そういうものですし,「思考力・判断力・表現力」重視はこれまでもやってきていることです。採点のことを考えるといきなり超新傾向の問題が出ることはないでしょう(そう願いたい)。

③1教科の満点を現行の60点から100点に,試験時間を従来の45分から50分に。
 問題の一本化よりもこちらのほうが影響が大きいように思います。小問の数が増えますし,配点が小刻みになって,差がつきやすくなるでしょう。問題の形式(大問の構成)も当然変わると予想されます。

道コンはどうなるでしょうか。道コン事務局で目下検討の真っ最中のはずですので,変更は発表を待つことにしましょう。当たり前のように言えることだけ書いておきます。

a) 中3と中2は現行のままです。入試がそうなんですからね。中3は今年度の第6回まで例年どおり。中2も来年度(中3)の第6回まで例年どおりです。

b) 中1は「いつ各100点満点に切り替えるか」ですが,今年の8月分では急すぎて無理です。早くても今年度の1月でしょうが,既に作問も始まっていると思うのでこれも難しいでしょう。切りよく中2の4月か,でなければ8月からではないでしょうか(いっそのこと中3の4月からでも遅くはありません)。また,試験時間が入試と同じになるのは現在も中3の4月からで,中2までは各教科5分短い40分でやっています。現在の中2が受験を終えるまでは満点も時間もいじらず,現在の中1が中3になった4月から気分も新たに「各100点満点・50分」(中2・中1は「各100点満点・45分」)でいいように思います。