FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京と大津に在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



2020年度北海道公立高校入試について

(2020年3月10日発行の『神谷塾だより』に掲載したものです)

新型コロナウィルス肺炎の流行により入試の直前に休校、前日の下見もなしという前代未聞の事態となった。おかげで落ち着いて勉強できたという生徒もいれば、生活のリズムが狂って試験でも調子が狂ったという生徒もいたに違いない。実はこういう不測の事態に対しどのように行動すべきかを冷静かつ合理的に判断できる力こそ、長い人生において必要とされるものである。それが入試でも問われたとすれば受験生にとって余計なおまけであり災難ではあったが、わずかでも何か得るものがあればと願わずにいられない。

さて入試問題のことである。標準問題・裁量問題とも全体に難化した。昨年は数学を筆頭に易かったので普通の入試であれば難化する理屈だが、それを差し引いても理科は難しかったようである。

社会では18年にあり得ない出題ミスがあり、責任を負う者たちが誰ひとりまともなチェックをしていないことが露呈した。二度とこんなことがないように気を引き締めるのが普通だが、わずか2年で、しかも同じ教科でまた出題ミスがある。もっと真面目にやれと言いたいですね。今回のは最終問であったし件の数値が小さすぎたために混乱したという生徒はあまりいなかっただろうから、受験生をパニックに陥れたであろう18年のミスとは次元が異なる。だがミスはミス。受験生に迷惑をかけることに変わりはない。

以下、教科別にコメントする。問題番号は、国・数・英では裁量問題のもの。標準問題については割愛した。

【国語】
文法の問題が裁量問題にはなく標準[一]にちらっと出ているだけ。しかも学習は不要な出題。これでは文法を勉強しなくて良いと言われているようだ。高校で学ぶ文語文法の基礎なのに。
[一] 漢字・実用文。実用文はここ数年、複数の資料から必要部分を拾って膨大に書く方式の、論述ならぬ“情報処理”のようになっていたが、形式が改められてコンパクトになった。
[二] 文学的文章。素材は日野祐希の小説。問三の書き抜きは正答の二つ前の文「ヘラから…」と迷う。
[三] 裁量問題。説明的文章。抽象画についての齋藤亜矢の論考。抽象画についての予備知識またはカンディンスキーや熊谷守一の絵を見た経験がないと読み辛い。問四は「意味処理」=「『なにか』として『見る』こと」と捉えられれば傍線部前の二段落をまとめればい良いとわかる。問五は難。アとウを除外し、イとエが逆を言っていることがわかれば正答に辿り着ける。
[四] 古典。『万葉集』から額田王の長歌。慣れない素材に戸惑って内容をつかみ切れなかった生徒も多そう。問三が読解のヒントになっている。前半が春山の花、後半が秋山の木の葉のことを言っていて、二句ずつが対句になっているとわかれば読めてくる。

【数学】
激易だった昨年よりは改善された。これといった難問はなし。
[1] 小問集合。道旗の問題が目を引くが、みな基本的。
[2] 整数。曜日の規則を扱うもの。問2がやや難。閏年である2020年と1年間のすべての曜日が一致するというのだから閏年限定である。元日の曜日が閏年から次の閏年までの4年で5日ズレるので、28年で35日(7の倍数)ズレて初めて一致する。
[3] 2次関数。易しい。問3は正答例では2次方程式を解いているが、t>0 なので ÷t が許され、傾きを計算で求められる。
[4] 平面図形。問2は「円周角の定理の逆」を使う(正答例)形をしているのだが、思いつかなければまず△ABE∽△CBDを示し、AB:CB=BE:BDを根拠にしても良い。
[5] 裁量問題。問1(速さ)は易しい。問2(資料の整理)は(2)で時間がかかる。問3(三平方の定理)が解きやすいので、問2(2)に 着手する前にこちらを解くべきだったかも。

【英語】
大問構成は例年どおり。小問単位で細かい変化が随所に。
[1] リスニング。形式・分量・配点とも例年どおり。内容は難化。
[2] 短文・実用文。3行目の形容詞 scared (動詞 scare の過去分詞)は『サンシャイン』では未習。なお『ニューホライズン』では中2で scared を学び、『ワンワールド』では中2で scare を学ぶ。
[3] 会話文。セラピードッグの話題。犬好きには楽しい。
[4] 裁量問題。[A]の長文は同一の出来事を2人の視点で書いたもの。新傾向と言えそうだが、同じ内容を二度読むようなことになるので裁量問題としては易しくなってしまった。問2の wore がやや難しいくらい。[B]の英作文はほぼ決まった内容を不足なく英文にするもの。ここ数年の出題意義の疑わしい形式からより実用性の高い、作文能力も測りやすいものになり、語数も増えた。

【理科】
各大問とも丁寧に思考しなくては解けない設問が含まれ 大問単位で易→難の順に並んだ、なかなか良いセットである。中間点のつく問題が増えた印象。
[1] 小問集合。問2・問3は関連のある2つの語句を両方書かせるもの(完全解答)。これまでありそうで見かけなかった形式。
[2] 化学。物質の密度。水とエタノールではエタノールのほうが密度が小さい。これは実験2の[3][4]からわかるが、常識として知っていたほうが仕事は速い。
[3] 地学。太陽表面の観察と惑星の公転。問2(3)は公転の角度を計算したあと(2)の正答の図(ア)を利用する。
[4] 物理。電流と磁界。実験2は小5で習うコイルモーター。中学理科ではあまり見ない素材だが設問には誘導もあり解きやすい。
[5] 生物。植物の細胞分裂と成長。タマネギの根の先端付近がよく伸びるというお馴染みの素材だが、細胞の成長の定量的扱いはそうでもない。実験の方法を完全に把握しないと図2・図4・図5の意味が理解できず四苦八苦する。問2(2)は難問であろう。

【社会】
配点は地理21点、歴史20点、公民19点とほぼ均等。
[1] 小問集合。問1の昭和基地中心の正距方位図法は面白い。
[2] 歴史。問5(2)は幕末にせっかく開国したのにアメリカが来なくなる件。有名な話だが歴史の横の糸を意識するには良い問題。
[3] 公民。問4「法の支配」は最近見かけるようになった素材。鹿児島19に類題が出ていたのを冬期講習で取り上げた。
[4] [A]世界地理と[B]日本地理。[B]問4はミスさえなければ悪くない。グラフ3・4はⅠの人口と産業構造から3が北海道で4が千葉県と見当がつく。穴埋めは文脈から「生産年齢人口の減少」か。


[続きを読む]

洋楽のすすめ(33) THE BEATLES:WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS

(2020年2月12日発行の『神谷塾だより』に掲載したものに加筆しました)



演奏の模様はたとえばこちらに。

本欄でのビートルズの7曲目。1967年のアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」に収録されている。作詞・作曲はポール=マッカートニー&ジョン=レノン(主にポール)だが、リードヴォーカルはリンゴ=スターである。

リンゴは職人気質のドラマーで,他のメンバーほどヴォーカル指向ではない。それでもアルバム1枚につき1曲くらい、ジョンとポールがリンゴのために曲を書いた。代表的なのが今回の「ウィズ・ア…」だ。

最初の1行()だけ先に解説したい。< if …過去形… would +動詞の原形…>という形は仮定法過去という。(いくつかの用法のうち)ここでは「現在または未来についての仮定」を表すのだが、「そういうことはまずありえないが」という話し手の気持ちを含むことが多いのだ。つまり、「僕が調子を外して歌ったら」という文句には「調子を外したりは決してしないけどね」というニュアンスが含まれているわけである。さて、実はリンゴの歌がしばしば「調子っぱずれ」になるのは本人も他のメンバーもファンも承知だ。そのリンゴが歌の冒頭で堂々とこういうことを言うのだから楽しいではないか。

第3のフレーズ以下の( )の部分はリンゴ以外のメンバーが歌い、リンゴと問答する形になっている。やや調子っぱずれではあるものの、リンゴの素朴で穏やかな人柄が表れた心地よい歌である。

What would you think if I sang out of tune
Would you stand up and walk out on me
Lend me your ears and I'll sing you a song
And I'll try not to sing out of key

僕が調子を外して歌ったら 君はどう思うかな
立ち上がり 僕を見捨てて行ってしまうかい
少し耳を貸してくれたら 歌ってあげる
調子を外さないよう 努めるから

Oh, I get by with a little help from my friends
Mm, I get high with a little help from my friends
Mm, I'm gonna try with a little help from my friends

友達のちょっとした助けがあれば うまくやれる
友達のちょっとした助けがあれば 気分が高まる
友達のちょっとした助けがあれば やる気が出てくるんだ

What do I do when my love is away
(Does it worry you to be alone)
How do I feel by the end of the day
(Are you sad because you're on your own)

恋人がどこかへ行ってしまったら どうしよう
(独りぼっちになるのは心配かい?)
一日の終わりまで どんな気持ちでいるだろう
(独りでいるのは悲しいかい?)

(Do you need anybody)
I need somebody to love
(Could it be anybody)
I want somebody to love

(誰かが必要かい?)
そう 僕は恋人が欲しい
(それは誰でもいいの?)
愛せる誰かが欲しいんだ

(Would you believe in a love at first sight)
Yes, I'm certain that it happens all the time
(What do you see when you turn out the light)
I can't tell you, but I know it's mine

(一目惚れを信じますか?)
信じますとも そんなことしょっちゅうですよ
(灯りを消したとき君には何が見える?)
他人には言えないけど それはきっと僕の大切なものさ

try not to ~ で「~しないように努める」。 to ~ を否定するときは to の前に not を置く。
get by ( with … ) で「(…によって)どうにかうまく行く」。
I'm gonna ~ は I'm going to ~ の口語。学校の英語では遣わないこと。
it は後の to be alone を指す。 worry は他動詞で「…を心配させる」。
on one's own = alone 。「独りぼっちで」。
believe in … は、ここでは「…の存在を信じる」。
be certain that … は「…と確信している」。



週刊あれこれ(2020.2.3~2.9)

2月6日(木) 前日からドカ雪。今冬は雪が少ないと言われていたが,一日で一気に平年の積雪量を超えた。早朝から除雪に追われる。犬散歩は膝までの雪をラッセルしながら。

2月9日(日) 中3入試直前講習の第4回。
前日から今冬一番の冷え込み。朝方はマイナス20℃とかになっていたはずである。
採点をしていると,生徒各々がこの時期何を課題とするべきかが見えてくる。時間が足りないのが悔しいところだが,ぎりぎりまで頑張らせたい。公立高校入試まであと約3週間。

某日×3 2019年度の決算書を作成。帳簿は先週完成させた。国税庁のHPを利用すれば正味一晩でできるが,期限が迫っているわけでもなく,こんなことで疲れたくないので3日に分けて進める。

某日 上に続けて所得税の確定申告書を作成。これは一晩で済ませた。

某日 映画『前田建設ファンタジー営業部』を観る。「マジンガーZ」の格納庫を設計するというプロジェクトを,実在する中堅ゼネコンが2003年に実際に立ち上げた。もちろん脚色はされているが設計や積算の内容と数値はあくまで専門的かつリアル。だから非常に面白い。ダム建設やトンネル掘削の技術を存分に活かすのだが,機械部分など手に負えないところは他の会社に教えを請う。この酔狂なプロジェクトに賛同する会社がたった3社だが存在し,そこの技術者たちがまた当人たちよりも熱く技術を語るのが素晴らしい。技術者とはこういう人たちだったなあ…と,かつて土木建設の周辺(地質調査業)で働いていたことがある身としては泣けてくるところもあったのである。
なお,この映画の開始が遅かったので,この前に『ラストレター』の2回目を観た。




週刊あれこれ(2020.1.27~2.2)

2月1日・2日 中3入試直前講習の第3回。中3生最後の道コン。

某日×数回 中2以下の生徒のご父母と進学相談会。1月道コンの個人成績票と採点済み解答用紙,冬期講習の課題(ワーク)を一緒に見ながら,道コンでの戦いぶりや志望高校などについて,各家庭およそ1時間ずつ話す。後半は学年末テストの準備について。

某日 2019年度分の決算のために帳簿を仕上げる。これさえ済めば決算書は国税庁のHPでおよそ一晩で作ることができる。

某日 松岡亮二『教育格差-階層・地域・学歴』(ちくま新書2019)を読了。新書なのに本文だけで323ページもある大作。第5章までは就学前・小学校・中学校・高校それぞれの時期での格差の実態について,詳細なデータ分析の結果を踏まえて着々と述べられている。第6章から読み始めるのも良いかも知れない。
学力などを基準にして生徒を異なる教育プログラムに振り分けることをトラッキングという。日本の高校教育では高校間に大きな学力格差があるために「学校単位でのトラッキング」が行われている。この振り分けは入試という一見“公平”な制度によるものだが,社会経済的背景により就学前から生じている学力格差が義務教育段階で埋められないため,実は“公平”でもなんでもないことになっている。
私を含めて中学生相手の塾屋というものは高校受験指導を生業としており,学力格差をつけられてしまっている生徒の支援も仕事の一環としているわけだが,これとて「塾に通える」状況にある子に限定してのことである。きっと好ましくはないであろうトラッキングの制度をたぶん助長してしまっているのだろうな--と,ちょっと考え込んでしまった。お薦めです。

某日 映画『ペット・セメタリ-』を観る。久しぶりのホラー。S. キングの小説『ペット・セマタリー』が原作で,1989年の映画のリメイク。
(以下ネタバレを含みます)
ペット墓場の奥の特別なエリアに死んだペットを埋めると蘇る。事故で死んだ娘を失うのが堪えがたくて主人公は娘の遺体をそこに埋めるのだが,蘇った娘は生前とは全く別の殺人鬼になっている。それで母親が殺され,その母親も埋められて蘇り,次は主人公も殺されて埋められて蘇り,最後には幼い長男だけがまともなまま残された。この後どうなる?--というところで物語は終わる。
娘が蘇った後の展開が怖いはずなのだが,その娘が美少女なものだから殺人鬼になってもいまひとつ怖くない。いちばん怖いと思ったのは母親の回想シーンで彼女の姉が死ぬところ。ホラーを観るときは観るのをやめて逃げ出したくなるようなのを期待するのだが,おおむね余裕で観てしまっていた。いい歳になったせいで感受性が鈍ってきたのだろうなあ。



週刊あれこれ(2020.1.20~1.26)

1月25日 理科講座の第27回。
【中1地学】プレートの運動と地震の発生/大地の変動
【中2物理】電流と磁界(1)
中1地学の前半はプレート論と「災害としての地震」。中学生向けの説明に「プレートの境界付近に地震の震源が集中している」という表現をよく見かけるが,本当は「震源の分布の様子からプレートの仮説が着想された」のであって,上のは本末転倒である。また,大陸プレートが海洋プレートに引きずり込まれ歪みが限界に達するとピョンと跳ね上がって巨大地震が起こる(弾性反発説)と言われるが,必ずしも一気に跳ね上がるわけではない。その辺りのことについて,知りうる限りの最近の学説を紹介しながら進める。

1月26日 中3入試直前講習の第2回。

某日 税金関係の書類づくりに追われる季節がやってきた。この日は税務署と市の税務事務所に提出する年末調整関係書類を書く。この後は昨年度の決算をし,確定申告の準備を進めていくことになる。

某日 今シーズン初のまとまった積雪。雪が少なくて楽だと思いつつ雪不足に悩むスキー場や農家のことを及ばずながら心配していたが,これで一安心であろうか。深夜帰宅したころはよく晴れていたので,翌朝まで待たずに家の前の除雪をしてしまう。

某日 阿部謹也『ハーメルンの笛吹き男 伝説とその世界』(ちくま文庫)を読了。「ハーメルンの笛吹き男」伝説はどうして生まれたのか,3世紀ドイツの小さな町で起こったひとつの事件の謎を,当時のハーメルンの人々の生活を手がかりに解明,これまで歴史学が触れてこなかったヨーロッパ中世社会の差別の問題を明らかにし,ヨーロッパ中世の人々の心的構造の核にあるものに迫る(カバー裏より)--結局真相はわからずじまいだが,中世の都市にあった下層民や遍歴芸人に対する差別の構造に光を当てていく過程など,人文・社会学系の学問の醍醐味が感じられる。著者はドイツ中世史を専門とする歴史学者で,「世間」とは何か』(講談社現代新書)のように日本社会に視線を向けた本もある。ドイツ留学時は小樽商大の助教授だったとのこと。