FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



9月24日~30日 ■もう寒い■

ついこの間まで冷房を使っていたのに、早くもストーブを焚こうかという寒さの日がある。毎年のことだが、もうちょっと穏やかに行かないものだろうか。あんなに長い冬を堪えるのだから。ほどよく涼しい、快適な気候という期間が短すぎる気がする。

風邪をひいてセキをしたりハナをかんだりしている生徒が多くなってきた。その場から逃げることはできない。ということは連日感染(=ウィルスが体内に入ること)はしているわけで、油断すると発病する(=いわゆる「風邪をひく」)。残業が続いた金曜の夜に、ちょいと仮眠して起きたら悪寒がした。なんとか持ちこたえたものの、あやうい体調ではある。

9/24(月)
「道新進学フェア」に朝から出かける。北海道新聞主催、北海道学力コンクール事務局共催の、おもに道内私立中学・高校の合同説明会だ。会場は北海道厚生年金会館。普通なら地下鉄で行くところだが、各学校の資料をどっさり持ち帰ることになるのでクルマで出かける。
例年、講演会会場が2つしかなく、各学校15分くらいの枠で非常に窮屈にやっていた。しばしば制限時間をオーバーし、そのまま後ろにずれていくので、予定どおりに聴けないことが多かった。今年は4会場にわかれ、30分ずつの枠の中で20分ということになっており、すべて予定どおりだったようである。
必ずしもパワーポイントで説明しなくてもいいのだが、パワーポイントで説明するくらいの準備がなされているところはわかりやすい。そうでなく、手許のパンフを見ながら延々と話すだけというところはわかりやすくもなく、面白くもないのが多い。校長訓話か何かを聞かされている感じ。
私が聴いた中では、H高校(といっても複数あるが)の先生の講演が、資料も見ない演説方式なのだが、例外的に非常に面白かった。この先生の話は毎年聴くのだが毎年面白いのである。なにがといって、いいことばかり喋らない。建前はなし。定員割れしている。楽しいこともあるが、その3倍くらい辛いこともある。
…でもそれらにはポジティブな説明がついていて、生徒ではなく親の心情にズシンと響くものがあるのだ。「ウチの子にはここしかない」と思った親御さんも少なからずいるはずである。
変わったことといえば、来春から共学化する現男子校のK高校の講演が、女子校の講演かと思うほどに女子生徒とその父母で超満員だった。K高校の共学化はそれほど大きな風は起こしていないかに見えていたが、そうでもなさそうである。



9/25(火)
午後に学習進学相談会を2件。中1男子のお母さんと、小4・小2の兄弟のお母さん。午後1時くらいからものすごい土砂降りの雷雨。停電はなかったが、1回だけ電灯が点滅した。最近では珍しい。パソコン仕事をするつもりでいなくて良かった。

9/26(水)
午前はピアノ。早起きしてあたふたとさらって行ったら、ここ半年くらいずっと上手く行かなかったエチュードが合格となった。前回ちょっとしたコツを教わり、それを忠実に守って練習したのが良かったようだ。

9/27(木)
数理講座の資料づくりをする。中学1年~3年の英語と中3の数学。
結婚記念日だったので残業せずに帰り、軽く飲む。夫婦で食事にでも行ければいいのだが、この時期は夫婦そろってドタバタしていることが多く、そもそも記念日のことを忘れていることのほうが多い。

9/28(金)
ずっと資料づくり。それから月例報告の準備。明るくなりかけたころに帰宅。
ずっと半袖のワイシャツで過ごしているのだが、この日は寒かった。ストーブを焚こうかと思ったほどである。

9/29(土)
寝不足のところ無理矢理起きて出勤。数理講座のほかは月曜の地歴講座(歴史:鎌倉時代)の資料づくり。

9:30~11:30【中3】数学:2乗比例関数(2)、英語:現在分詞の形容詞的用法
18:00~19:20【中1】数学:比例と反比例(1)、英語:疑問詞 which の用法
19:45~21:30【中2】数学:1次関数(3)、英語:不定詞の副詞的用法


この日も残業。前日、同じビルのコンビニの店長に「どこか美味しいラーメン屋を知らないか」と訊かれ、JR琴似駅そばの「ななし」を薦めたら、自分が食べたくなってしまっていた(笑)ので、残業前に出かける。私はいつも塩ラーメン650円。
戻ってから月例報告の準備。4割ほどやったところで地歴講座の資料に戻る。地歴の資料はこの夜のうちに終えなくてはならない。
月末で月例報告の作業があり、数理講座も地歴講座もあって、ものすごく忙しいのは前からわかっていたのだが、追い込まれないとエンジンがかからないのであった。以前もこんなことを書いた憶えがある。相変わらずというか、成長しないというか、愚を繰り返しては自分でバカだなあ…と呆れる。このブログが別名「おろかな日々」であるユエンである。

9/30(日)
結局午前6時半まで仕事。帰宅してすぐ風呂に入り、45分ほど眠ってから朝食、出勤。9:00から中3生の模試があるのだ。
13:00まで監督・採点をしながら月例報告の作業。
簡単に昼食を摂って、月例報告の作業を大急ぎで進める。ひたすら眠いが、ここで横になったら寝てしまう(笑)。夕方から、少年野球の懇親会に行かなくてはならないのだ。
5年生以下のチームが、地区のあるリーグ戦での勝ち越しが決まり(近年なかったことである)、監督・コーチや子どもたちを慰労?する機会をつくろうということで、話が進んでいた。
5時に帰宅して、家族で集合場所へ向かう。送迎バスで盤渓山中にある焼肉店へ。一部打合せなどしながら、大人は大人、子どもは子どもで、よく食べた。もうすぐシーズンも終わりである。

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/98-1ef7c097
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)