FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京と大津に在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



夏期講習07が終了

今年も夏期講習が無事終わりました。

今回の講習を終えての感想は、「口がやたらと疲れた」に尽きます。ふだんは必要なこと以外は喋らないクチなので、講習会だからといって突然喋りまくると口や舌の筋肉やノドが疲労してストライキを起こし、ロレツが回らなくなったり声が涸れたりノドが痛んだりします。が、それにしても今回はいつになく疲れた。それはどうやらSee-beを使っているせいのようです。

ひとりで中学生の5教科をやっている講習会で何が大変かというと、理科や社会の図解やまとめです。そこを楽にすると同時にクオリティを上げるためにSee-beを入れ、大いに活用しているわけですが、手を動かす手間が省けた分、口を酷使することとなりました。

たとえば凸レンズの図解をするとき、チョークで描きながらであれば、一定時間は黙って手を動かすだけになります。つまり、休み休み喋るということが可能。ところがSee-beでは電子ペンの操作一発で欲しい図が出てくるので、口を休ませる時間がありません。操作しながらずーーっと喋っている。なんとなく「See-beに喋らされている」気分になることもありますね。「ああ、これが出てきたらこれを喋らなくては」「これも喋らなくては」と、忙しいことといったらありません。終盤の5日ほどは、筋肉疲労でロレツが回らなくなり、ノドが痛み、口内炎が3つも4つもできてしまって、さんざんでした。熱が出ていたかも知れません。

まあ、See-beの画面に応じて次から次へと途切れることなく喋り続けるだけのネタが頭の中にあり、必要に応じて引き出せるようになってきた、という点では、自分の成長を喜んでいいのかも知れません。



ところで、今回から中3の授業のコマ割を変えました。これまでは5教科を適当に散りばめながら理科・国語とか数学・社会とか、1日2教科としていました。今回は、理科・社会でSee-beを使うので、授業の段取り上、理科・社会を1セットにしました。数・英・国の日と理・社の日が交互にくるようにして、数英国の日と理社の日が7日ずつ、各3時間です。もともと5教科の時間配分は均等でなく、理科・社会に時間がかかっていましたので、ちょうど良かったのです。

今回の中3の場合、各教科の全授業時間は

●数学405分 ●英語465分 ●国語410分 ●理科610分 ●社会580分

でした。数英国の合計が理社の合計より長いのは、数学でしばしば延長したためです。ちなみに昨年の夏期講習の中3では

●数学500分 ●英語320分 ●国語350分 ●理科650分 ●社会570分

でした。数英国をまとめたために数学にややしわ寄せがいったようですが、平常の個別指導では数学にいちばん時間をかけているのですからいいでしょう。英語と国語を今年は少し落ち着いてできたといえるかも知れません。

さて、いつものように仕上げは北海道学力コンクール(道コン)で、監督をし、採点・集計をし、答案返却+解説をして、夏期講習を終えました。明日もう一日個別指導をして、少し夏休みをいただきます。高校生と小学生の新学期に合わせて、8月20日(月)から通常の指導に戻ります。


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/91-ebc381b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)