FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



6月18日~6月24日

週の前半ユルユルと過ごしたために後半に仕事が立て込んで、またしても帰れない日々が続いた。「おろかな日々」そのもの。

6/18(月) 午前中、進学相談会を1件。中3女子本人とそのお母さん。修学旅行後の回復日を利用して、本人と家庭の希望を同調させるための話し合い。そのあと整体に。
午後は中2男子の入塾手続でお母さんが来訪。

6/19(火) 午前はいつもの教材会社へ仕入れに。目的のものがはっきりしているときは10分くらいで終わるが、この日はあれこれサンプルを見ながらの選定だったので2時間くらいかかる。
午後は英語の読書。蒸し暑い日だったので、試運転がてら冷房を入れてみる。

6/20(水) 朝からぐったりと何もする気が起こらない。夕方まで、英語や日本語の読書をしながらユルユルと過ごす。
C.ディケンズの“ A Christmas Carol ”(Oxforad Bookwarms Stage 3)を読了。ところどころ読みづらかったが良い話だった。

416MEVXZA0L._AA240_.jpg



6/21(木) 夏期講習の日程をほぼ確定。中3・中2の英語の指導資料を作成。See-beのヴァージョンアップCDが届いていたので、夜はこのインストール作業をする。CDが12枚もあってなかなか大変。本当は90分程度の仕事なのだが、読書しながらであったり、ときどき寝てしまったり(笑)していたので、4時間近くもかかってしまった。

6/22(金) 中3理科の指導資料づくり。遺伝の詳しい話と進化という、いずれも指導要領外の内容だが、毎年欠かさず講義をしている。どんな演習問題を用意すれば生徒が面白がるだろう、と唸りながら作業するので、時間がかかる。夜も仮眠しながら朝まで作業。

6/23(土) 午前はSee-beの練習。午後は個別指導。夕刻から数理講座。
18:00~19:30 【中2】理科:動物のからだ(2)、英語:will による未来
19:45~21:45 【中3】理科:遺伝と進化、英語:現在完了(3)
夜は月曜の地歴講座の資料作成とSee-beでの練習、それから夏期講習の案内の作成。

6/24(日) 仮眠を入れながら夜通し仕事をして、帰宅したのが午前7時半。家族と一緒に朝食をとり、そのまま少年野球の観戦に行く。いつも練習している小学校で、5年生以下の公式戦。前日は勝ったらしい。先週の土曜も勝っているので、私が見ていないほうがいいのかな、などと考えるが、この日は私の目の前で勝った。スコアは5-2。力が互角の相手に対して「絶対勝ちたい」と言い、実際に勝つようになったのだから、成長したものである。
 私だけこれで帰宅し、夕方までひと眠り。起き出して着替え、親しくしていただいているK先生の塾の創立20周年パーティに出かける。ところが、定刻の少し前に到着してテーブルに付き、近隣の人と会話などしていると、急に具合が悪くなってきた。
 会はまだ始まらず、終了まで3時間もある。その間、座っているだけなら平気だったかも知れないが、初対面の人とは名刺交換をし、食事をし、歓談し、途中で短いスピーチなどもしなくてはならないのであった。これは無理かな…と思ったらますます具合が悪くなってきて、やむを得ず席を立ち、風通しのいい屋外へ出てしばし休む。気分はいっこうにすぐれず、会場にノコノコ戻る元気もなく、中央の来賓席などというところでぐったりしているのもおめでたい場をぶち壊しにすると思われたので、フロントに伝言を頼み、そのまま帰宅することにした。

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/86-3e7aa275
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)