FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京と大津に在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



6月11日~6月17日 ■英語の多読を再開■

この週は中学3年生が修学旅行に出かけていて、ヒマであった。ヒマな時は無闇に雑用などして過ごすともったいないので、映画を観るとか本を読むとかすることにしている。思い立って、すっかり中断していた英語の多読を再開することにした。

本当は中断したりせずに細々とでも読み続けるべきなのだが、いったん遠ざかってしまうとなかなか元に戻れない。原因のひとつは、目標100万語の中間地点50万語までは、基本語彙700語程度の「レベル2」の読書に徹しようと自己規制していたことにあるようだった。レベル2にも面白いものはあるが、なんとなく義務で読んでいるようなところがあるのは確かだった。中断前は40万語強というところで、「レベル2をあと10万語読むのか~」とげんなりしていたのだ。

このまま多読から撤退しそうな予感がしていたが、そんなことならもうレベル2にこだわらずに読みたいものを読むことにしようという気になった。もともと読書を楽しむのが多読の基本。「げんなりして」いてはいけないのである。そういうわけで、50万語に達したら読もうと思っていたレベル3(基本語彙1000語)の“Chemical Secret”を試しに読み始めたら非常に面白く、最後までほぼ一気に行けた。

019AJSA8ZRL._AA90_.jpg


化学会社に高給で雇われた生物学者の、会社と良心の板挟みになる苦悩を描いたもの。多読のガイドブックには<これが楽しく読了できればレベル3は大丈夫>とあるので、もうレベル3とかレベル4をどんどん読んでいくことにした。ついでに、レベル2ながらテーマが重くてなかなか読み始められずにいた“Jojo's Story”にも手をつけ、これも一気に読んだ。

51NMQWCEB4L._AA240_.jpg


このほかにも日本語の読書を少し。

6/11(月) 午前中に清掃。あとは英語の読書をして過ごす。

6/12(火) 午前中は家の用事を済ませる。午後に進学相談会を1件。(中3男子のお母さん)

6/13(水) 午前はピアノ。先月は一度もレッスンに行けなかったし、ピアノをさわること自体がおよそ1か月ぶり。リハビリを兼ねてGメジャー(ト長調、#1個)のスケールを終わらせる。しばらく#や♭が山ほどついた調のスケールをやっていたので、Gメジャーはあっけなさすぎてかえって違和感がある。

6/14(木) 朝一番で理髪店に行ったあと、教材会社へ仕入れに。

6/15(金) 大通に出て用事を済ませる。あとは英語と日本語の読書。優雅である。たまにはこういう週がなくてはね。

6/16(土) 午前・午後と個別指導をする。試験が近いので中高生が入れ替わり立ち替わり現れては勉強して帰って行く。夕方5時に閉店して、家族とゆっくり過ごす。

6/17(日) 早朝から少年野球。夏季大会の開会式と1回戦。前日、5年生以下は何十試合ぶりかで公式戦に勝利。気をよくしてこの日もいい試合をするかと思ったが、いいところなく惨敗。練習でできていることはできず、練習でダメだったことはそのまま出る。実力はそんなに違わないはずだが、大量点を献上してしまった。試合終了後、子どもらは監督・コーチからこってりとお説教をいただき、さらに怒濤の守備練習。

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/84-a3bf815f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)