FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京と名古屋に在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



アルミニウムとアンモニア水

珍しく、久しぶりに、教科内容の話題です。ホントはこんなことではいけないのですが。

アルミニウムとか亜鉛、すず、鉛といった金属は酸ともアルカリとも反応する性質がありまして、これらを両性元素といいます。このムツカシイ話は小6の理科に出てくるのですが、中学理科では正面切って取り上げず、高校化学でまた出てきます。

たとえば、両性元素であるアルミニウムは酸性の水溶液にもアルカリ性の水溶液にも溶けます。酸性の水溶液の代表はうすい塩酸、アルカリ性の水溶液の代表は水酸化ナトリウム水溶液で、それぞれ化学反応式は次のようになります。

  2Al + 6HCl → 2AlCl3 + 3H2
  (アルミニウム+塩化水素→塩化アルミニウム+水素)
  2Al + 2NaOH + 2H2O → 2NaAlO2 + 3H2 …★
  (アルミニウム+水酸化ナトリウム+水→アルミン酸ナトリウム+水素)

さて、この間たまたま小6理科のある教科書を見ていたら、アルミニウムをアンモニア水に溶かすという実験が出ていました。エッ、溶けるのか?(たしかにアンモニア水はアルカリ性ですが)と結果を見てみると「溶ける」とあり、証拠写真までついています。ただし、アルミ箔の小片が全部溶けるまで1週間もかかり、また、ただ溶けただけではなく白色の沈殿が生じています

これはいったいどんな反応だ?こんな大変そうなのを小学校でやってるのか?と気になり、いろいろ調べてみましたが、高校化学の本などにはこの反応は載っていません。ネットでちょっと調べてみても、見られる範囲にはズバリの解答は見あたりません。もちろん自力で考えるには、私の能力を超えています(笑)

そこで、私が絶大な信頼を寄せている「新理科教育ML」に質問の投稿をしてみたら、わかりました。まず、反応式はこうです。

  2Al + 6H2O → 2Al(OH)3 + 3H2
  (アルミニウム+水→水酸化アルミニウム+水素)

白色の沈殿の正体は水酸化アルミニウム。なんとなく “アルミン酸アンモニウム” NH4AlO2? みたいな物質ができるようなことを想像してうんうん唸っていた私は、あまりのシンプルさにのけぞりました。どうもアンモニアはアルミニウムと水との反応を促進しているだけで、アンモニア自身は反応に参加していません。こういうのを触媒といいます。 

ですから、「溶ける」とは言っても、アルミニウムが水酸化ナトリウム水溶液に「溶ける」反応(前出の★)とは意味が違います。こちらは水酸化ナトリウムも反応に参加していますからね。

また、★とちがい、反応に1週間もかかるというのが小学生には適切と思えない、という声もありました。なんでわざわざそんな変わった反応をさせるのかという。道理で高校化学の本には出ていないわけです。

ちなみに、両性元素の仲間の亜鉛はアンモニア水に溶けないという実験結果があります。ということは、いろんな本に「両性元素は酸にも塩基にも溶ける」とズバッと書いてあるのは正確ではない、ということになります。

ちょっと気になったことを調べてみると、思いがけず勉強になることがあるものです。

この記事に対するコメント

みかん缶さん、はじめまして。ようこそいらっしゃいました。
お役に立てたようでたいへん嬉しく思います。
今後も教育系ブログの“端くれ”を目指して、教科内容の記事も書いていきたいと思います。お暇なときはまたお越しくださいませ。
【2009/11/30 12:38】 URL | 神谷@管理人 #-[ 編集]

小6の理科支援員をしています。アンモニアとアルミニウムの反応・・・私もこんな反応知らないけれど・・・と思ってたので大変参考になりました。
【2009/11/29 23:52】 URL | みかん缶 #-[ 編集]

南風さん、はじめまして。ようこそいらっしゃいました。
拙い記事がお役に立てたようで光栄です。
教育実習、大変だと思います。よい成果を収められますようにお祈りします。
【2008/09/15 19:58】 URL | 神谷@管理人 #-[ 編集]

教育実習で小6の子達にここら辺を教えているのですが
私自身、アンモニア水での実験の反応が、いまいち分かっていなかったので大変勉強になりました!
感謝!!(T▼T)
【2008/09/15 17:27】 URL | 南風 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/76-8b5f9dca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)