FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



4月23日~4月29日 ■いい陽気になってきた■

4/23(月) 午前中は清掃と整体。午後はSee-beで地歴講座(地理)の練習。
19:30~20:30 地歴講座【地理】世界の気候・日本の気候
社会科の中でも地理はしばしば理科の地学と接近遭遇する分野で、気候のところはまさにそれ。だから苦手だという子も多いはずである。はじめ気候の話から各国の人々の暮らしに立ち入ろうと思っていたが、ここはなぜそういう気候になるのか、というところをゆっくり話すことにして、人々の暮らしについては大半は次回に持ち越し。

4/24(火) 中3・中2英語の指導資料の作成と『神谷塾だより』の編集。

4/25(水) 午前はピアノ。朝早く起きてしっかりさらっていき、スケール2本は仕上げた。イ長調(Aメジャー)とロ短調(Bマイナー)。エチュードのほうは前回よりはマシになったものの、まだ合格に至らず。
夕刻、生徒が来る前に急遽思い立って高校生の座席を“島”にしてみた(「急遽思い立って」バタバタとレイアウトを変えることはよくある)。開業当初から高校生の座席はひとり2脚ずつ独立にしていたのだが、混雑している日には高校生に中学生の島に座ってもらうことも増えてきた。それで、高校生の席もはじめから島にしておけばいいのじゃないかと気がついたのである。
やってみたら教室がいくぶん広くなった感じがし、島に座っている高校生も互いにやっていることがなんとなくわかるので、ほどよい緊張感があって意外によさそう。

4/26(木) 朝一番で理髪店へ。翌日運転免許の更新に行く予定。写真を撮られるので多少なりとも人相を良く(笑)しておこうという作戦である。戻ってから4月分の月例報告を書く。

4/27(金) 運転免許の更新に中央警察署まで。前回(5年前)からここに行けば短時間ですべて済むようになった。ただし写真撮影のあと講習までしばらく間があくので、そこは抜け出してお茶でも飲んでいることになる。
警察署内に喫茶室があれば入るのだが、ない。周辺には、コンビニはいくらでもあるが喫茶店らしきものも、スターバックスもドトールもない。しかたなく隣のグランドホテルに入り、ラウンジで1杯900円のコーヒーを頼んだ。はじめ「高いなあ」と思ったがお代わりをしたので1杯あたり450円。まあまあであろう。
講習は無事故無違反者対象の優良講習というやつで30分間。事故や違反を犯しているとこうはいかないので、次回も優良講習で済むように気をつけよう。という話から始まり、もっともだと思う。講師は話はそれほど明瞭ではないが説明も冗談も上手く、思いのほか楽しい講習だった。

4/28(土) 午前から午後にかけて月例報告と塾だよりの作成。夜は数理講座。
18:00~19:30 【中2】数学:式の利用(2)、英語:過去進行形(2)
19:45~21:45 【中3】数学:因数分解(2)と式の利用、英語:make A B(第5文型:SVOC)の文

4/29(日) 終日少年野球につきあう。朝は子供らをクルマ数台に振り分けて春季大会の開会式に。小学校に戻って練習、昼食、また練習をし、また場所を変えて春季大会の1回戦。午後から急に寒くなってきて、雪でも降りそうな気配の中での試合。結果は0-9の4回コールド負け。
我がチームは6年生が少なく主力はうちの長男もふくめ5年生である。相手はきちんと6年生がいてスタメン中8名が6年だったようだ。うちの子らは5年生以下メンバーどうしの試合ではそこそこいいゲームをするのだが、やはり6年生の多いチームが相手だとひけを取る。
それでも初回の大量失点を除くとあとは概していいプレーをしており、立ち上がりさえ悪くなければそのうち勝てる試合も増えてきそうである。

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/71-92218ee3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)