FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



2月26日~3月4日 ■家に帰るヒマがない■

2/26(月) 午前は清掃と整体。午後は See-be 契約関連の書類を整えて送付。新年度の指導料袋を作るのを失念していて、慌てて印刷する。

2/27(火) 確定申告のシーズンだ。毎年お願いしている会計事務所の税理士さんが午後に来て、帳簿のチェックと必要書類の確認。確定申告をいつか自力でできるようになるといいのだが、税理士さんに毎年不備を指摘されて慌てて書類を用意しているようでは無理だろう。時期が2月~3月というのも塾屋にとっては非常に具合が悪い。
夜、ようやく春期講習の計画をつくり、HPにアップする。春期講習のことを忘れていたわけではない。See-be を軌道に乗せるのにやはりエネルギーが相当要ったのだ。
帰宅したのが翌日の未明。朝刊が届いていた(笑)。こういうことはたまにある。

2/28(水) そんな具合だから、ピアノのレッスンに行く余裕はない。お休みの電話を入れ、午前から春期講習のチラシの原稿を作成。
夜は月例報告のとりまとめと発送の準備。春期講習の準備に月例報告がからんでまことに忙しい。ときどき誰かに手伝ってもらおうかと考えることがあるが、どうしてほしいかを説明するのが非常に難儀である。時間はかかってもひとりで全部やったほうが結局簡単で気が楽。

3/1(木) 書類一式は前夜のうちに整えておいたのに、月例報告の発送に午前いっぱいかかってしまった。いや、それもこれもお客様が増えたからなのだから、ありがたいことなのだ。
午後、See-be の本番のソフトを搭載したPCが到着。
夜、春期講習のチラシの原稿を仕上げる。チラシを作りながら、通常のシステムをいじりたくなって、一部改定する。そうなるとHPもいじることになって、また帰れなくなってしまった(笑)。

3/2(金) 午前は中2女子のお母さんおひとりと進学相談会。
午後は翌日つかう中2の数学と英語の指導資料を作成。さらに春期講習のテキストの中身を決めて発注。
3月3日付のブログに書いたように、ノートPCの液晶のバックライトがダメになった。この忙しいときに…と思うが、この週の多忙のヤマは持ちこたえたのだから、よくやってくれたのだ。
(その後、バックライトは時々生き返る。いずれにしても寿命と考え、完全にダメになる前に新調することにした)

3/3(土) 中1と中2の数理講座。
18:00~19:30 【中1】理科:地層と堆積岩。ここは See-be のコンテンツがやたらと充実している。川が地形を変えていく様子など、動画で見られるのがいい。化石のところが楽しいのでそこから入るつもりだったが、化石の映像を全部楽しもうとすると1時間くらいすぐに過ぎてしまうので、セレクトするのに苦労した。
19:30~21:00 【中2】数学:場合の数と確率、英語:いろいろな比較表現(2)

3/4(日) 9:00~15:00 中3の入試直前講習(最終回)
翌々日(6日)は公立高校入試の本番。私立高校の合格発表が既にあって、少し力が抜けたか、国語・数学で間違えまくっている子もいる。
まあ、ここまで来たらじたばたしてもしようがない。解説では、解答の書き方の不備などをいくつか指摘するくらい。家に帰ったら社会なり理科なり、苦手な教科ひとつに絞って直前講習で解いた問題を見直しておけ、と伝える。あとは試験会場に行って、いつものようにやってくればいい。そうすれば、きっと受かっているだろう。
これで今年度の中3の指導はいちおう終了。See-be もどうやら軌道に乗ったところなので、打ち上げに行く。と言っても部下とか同僚がいるわけでもないので、妻と息子たちを連れて焼肉屋へ。

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/60-8c02c2ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)