FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



冬期講習が終了

遅くなりましたが、新年おめでとうございます。年明け早々のひと仕事が終わりました。今回の講習は昨年夏のようにダウンしかけることもなく、予習が追いつかないこともなく、安定したペースで完走できました。今日と明日は小休止で、15日(月)から平常の指導に戻ります。このあと3月上旬まで休みなし(たぶん)。

冬期講習は中学生のみ。いつものようにひとりで3学年の5教科を担当。教科ごとの時間配分も休憩の入れ方も自由自在なので大変やりやすいのですが、台本でも書くように話すことをすべて計画したうえで授業に臨んでいるわけではなく、しばしばその場の思いつきで展開を変えたりもするので、どの学年に何を喋ったかわからなくなりがちです(苦笑)。付き合いの長い塾生と「今回これはもう話したっけ」「まだです」などといったやりとりをしながら進めます。塾外から参加してくれている生徒には「なんといい加減な人だろう」と呆れられているかも知れません(笑)。

話したい内容は多々あり、時間は限られているので、授業はかなりテンポよく進めなくてはなりません。「…ということだね。OK?」と言っておいて、まだOKでない子もいるのでしょうが「では次。問題を読みまーす」と移ります。説明の断片それぞれは早口にならぬよう注意していますが、全体の流れとして「早い」と感じる子はきっといるでしょう。あるいは、予習である程度解けていれば全く平気なはずですが、半分も解けていなかった場合はきついでしょう。予習ができている子を退屈させたくないと思うと、どうしても高い視点からの話(理解を深め、きっと役に立つ)を付け加えることになり、その部分は予習のできていない子にはわけがわからなかったりもします。一斉指導・課題あり・要予習、とあらかじめ伝えてありますから、そこは我慢してもらうよりありません。その一方で、せっかく来てくれているのだからわかるようになって帰ってもらいたい、という思いもあります。難しいものです。

中3の授業は、3時間×13日間で

●数学550分(26.5%) ●英語335分(16.2%) ●国語270分(13.0%) 
●理科490分(23.7%) ●社会425分(20.5%)


という内訳。昨年の夏期講習では3時間×14日で

●数学500分(20.9%) ●英語320分(13.4%) ●国語350分(14.6%) 
●理科650分(27.2%) ●社会570分(23.8%)


でしたから、夏期に比べて数学・英語の割合が大きい。冬期講習は入試問題を使っての演習が中心で、数学・英語に時間がかかるのはこのため。理科・社会の割合が下がるのは、入試問題を解くこと自体にはあまり時間がかからないのと、夏期には中1・中2内容のまとめにかなり時間を割くのに対し、冬期はまとめを最重要事項に絞るためです。

中2と中1では、今回初の試みとして講習の初日に「学力診断テスト」を行いました。国数英の3教科に絞り、「北海道学力コンクール」(道コン)と同形式の問題を使い、採点後に解説をしました。これで私が少し自信を持ったのは、講習会終盤の道コン(本番)でほぼ全員が得点を伸ばしていることです。3教科合計(180点満点)で、

■中2 平均15.4点の上昇(+27点~+1点、全員がプラス)
■中1 平均5.6点の上昇(+20点~-11点。マイナスは1名)


「学力診断テスト」と別にもう1回分リハーサルと解説をしていますが、このわずかな機会に、正答に至るためのポイントをかなり的確に伝えることができた可能性があります。もちろん、本人が努力して伸ばした部分が大きいに違いありませんが、少なくともその後押しはできていそうです。中2のほうがよく伸びているのは、中1よりも入試をより切実に捉えていて、それで得点に対しより貪欲だという背景があるためでしょう。

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/47-db877543
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)