FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



12月18日~12月24日 ■冬期講習に突入■

12/18(月)
土曜日、仕事場に車を置いて飲みに行き、そのままにしてあったので、当然ながら自宅に車はなし。時間に余裕もあったので、試しに自宅から仕事場まで歩いてみることにした。開業して5年と少々になるが、これまで夏場には自転車で通勤することはあったものの、全行程を歩いたことはなかった。この日は天気がよく、私用の年賀状を書き終えて気分も軽かったので、やってみる気になったのである。
約5kmのことであるから大したことはないのだが、ふだん車で移動している距離を歩くとなるといささか身構えるところがある。予想所要時間は45分であったが、実際はちょうど40分。分速7.5kmというところ。信号待ちのロスとか、雪道が歩きにくい場合のことを考えてもまあ45分あれば大丈夫ということがわかった。
身体のためにも毎日このくらい歩いたほうがきっといいのだろうし、渋滞が予想される時など徒歩のほうが安全なくらいだが、仕事がら帰宅は必ず深夜だし、夏季は自宅付近でクマに遭遇する危険があるし、冬季は吹雪になったりもするし、帰路だけ車ということも不可能なので、徒歩通勤は断念することになる。飲みに行くことがわかっている日の往路を徒歩にするといいであろう。
午前中は清掃と年内最後の整体。午後は『神谷塾だより』を発行。メイン記事は「もちかたくん」の件と風邪対策。
夜、生徒を帰してから翌日未明までかかって塾の年賀状の文面を印刷。プリンタが遅い。

12/19(火)
前夜の作業で疲れ果てて午前中は久しぶりに爆睡。
午後は中学生の冬期講習の予習にとりかかった。たいていぎりぎりの直前まで予習に手がつかないのだが、今年は他の仕事がはかどっているので異例の好スタートである。いつも調べものが多くて厄介な地理から始める。
夜は年賀状に少しずつメッセージを書き込んで完成。あとは出すだけ。

12/20(水)
ピアノの先生に、息子たちのピアノの相談。これまでクラシックのメソッドでやってきて、メニューとしては「いつ音大に行きたくなっても間に合う」ような感じのものを与えられてきたのだが、だんだん負担が大きくなってきて、やめたいと言い始めた。長男は野球をメインにがんばりたいという事情もある。
だがピアノから足を洗ってしまうのもいやだと言う。もうちょっと気楽に、発表会参加の義務もなく、指の練習は細々とやりながらポピュラーな曲を練習し、必要があれば歌の伴奏などできる…ような感じでやれないだろうか。それは、アマチュアの音楽としては全くまっとうな方向だと思うので、私も想定していたのである。
これまで習っていた先生のところは退会。それで、私がレッスンを受けている教室の中にそのようなお気楽な態度でやっていけそうなコースはないか、果たして受け付けてもらえるだろうか、ということを、私の先生に相談してみたわけである。幸い、先生の理解をいただき、窓口として教室内をあたってもらえることになった。
幼児期からたとえばピアノを始め、一定の腕前になっているにもかかわらず、中学生になってから、あるいは受験を機に完全にやめてしまう子が少なくない。勉強しなくてはならないのだから…という理由によるわけだが、なんとももったいない気がする。本格的にやっていた子ほど、弾かなくなると急激に腕が落ちるはずである。それを自覚したときのショックといったらないであろう。それならば、全くゼロにしてしまうのではなく、自分の生活の潤いのためだけでいいから、細々と続けられないものであろうか。中年になってある日突然ショパンとかシューマンが弾きたくなることだってないとも限らない。そのとき、細々とでも続けているのと、10代でぱたっとやめてしまったのでは、大きな違いがあるはずである。
プロフェッショナルの音楽家を目指す子は一握りで、大半は生涯アマチュアだ。であるならば、うちの息子たちが選択するようなお気楽なコースのほうがむしろ普通になるべきではなかろうか。

12/21(木)
朝いちばんで理髪店へ。講習会と正月がくるので、こぎれいに。
日中は冬期講習の予習の続きと、1月5日発送予定の月例報告の準備。

12/22(金)
中学部冬期講習は翌23日からスタートする。塾外からの受付も締めきり、人数が確定したところでプリント・テスト類の印刷。
今回は中3が6名、中2が9名、中1が6名。他塾に比べればわずかな人数だろうが、教室が小さいのでこのくらいが適正人数である。テストの採点も細部まで目が行き届く。
夜、生徒が帰ってから、机を講習用に配置しなおす。

12/23(土)
冬期講習開始。25日が公立中学の終業式なので26日からというところが多いようだが、神谷塾は塾長の都合で年末年始に1週間も休んでしまうので、早めに突入することになっている。
今回は講習会に入る前に他の仕事があらかた片づき、講習の講師の仕事にほぼ専念できる、非常にありがたい状態である。そのため、初日は気が重いのが常であったが、今回は始まるのが待ち遠しかった。もともと冬期講習は除雪なども重なって年間でもっともハードな期間なのだが、それが待ち遠しいとは、おれはいったいどうしてしまったのだろうか(笑)。
仕事が楽しいというのは幸せなことである。

12/24(日)
日曜だし、クリスマス=イブだが、年末年始に休むために、講習はやる。ただし夕方までに終えて、生徒は夜は家にいられるように。私も7時には帰宅して、家族とクリスマス会。
前夜から30cmの大雪で、朝は今シーズン初のきつい除雪。



この記事に対するコメント

おー。卒塾生から初のコメント。どうもありがとう。それからお久しぶり。元気にしているようですね。

「もちかたくん」は大通の大丸藤井セントラルで入手できます。アカチャン本舗にもあるらしい。他はまだ情報がありません。

なかなか記事を書けないでいますが、気が向いたら覗きに来てください。教室のほうにもぜひどうぞ。
【2007/01/07 00:28】 URL | 神谷@管理人 #-[ 編集]

明けましておめでとうございますv-63
お久しぶりです。佐藤裕香です。NAMEのところはHNにしてます^^;

今年は雪が少ないですね。雪掻きしなくていいし、車の運転も楽だけど、少し物足りない感じもしますww
でも2月になったら沢山降るんだろうなぁ、と今からちょっと恐怖ですv-12

塾だよりから、にも書いてあった“もちかたくん”いいですね!
私も昔欲しかったんですよ!
テレビか何かで見かけたことはあったけど、当時実際にお店で売っているのは見たことなくて、結局入手できずじまい・・・えんぴつの持ち方はおかしなままです・・・
生徒さんが羨ましいv-237いつか絶対あの時もちかたくん使わせてもらってよかった、って思いますよ。
私も未だに、あのときもちかたくんがあれば・・・と思いますから(笑)

なんだか長いコメントになってしまいました^^;
では、また見学に来ます♪
【2007/01/06 11:26】 URL | ゆんちょ #LsRWoXqw[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/46-e1e500e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)