FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京と大津に在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



11月27日~12月3日

11/27(月)
午前は清掃。午後は中学理科の指導資料(中3天体)。
16:00から個別指導。中1男子の無料体験あり。

11/28(火)
午前はいつもの教材会社へ仕入れに。午後は指導資料の続き。

11/29(水)
ピアノのレッスンの日。ホ長調(Eメジャー、#4つ)のスケールを合格したほかは、先生とずっと雑談していた。(時々こういう日がある)
11/26に先生が聴きに出かけたエリック=クラプトン札幌公演(於札幌ドーム)の客の入りがたいそう悪く、たぶんそれは主催者のチケットの売り方が悪いからだろうとの話。クラプトンが3年前に来た時は私も行ったが、そのときはドームが満員だった。3年しか経っていないのと、クラプトンはもう来ないとばかり思っていた人も多かったろうから、客入りがいまいちだったのはそのせいかも知れないが、それにしても、がらがらのドームで演奏してもらうのは失礼じゃないかと。
午後は月曜に体験に来た中1男子のお母さんと面談。その場で入塾となった。

11/30(木)
19:00あたりに教室がすごく混んでいることが多くなってきたので、生徒の机・椅子を2セット発注することにした。納品されると全部で26セット。教室が狭いので、これがたぶんぎりぎりの数となる。
朝から夕刻まで中学理科の指導資料(中2天気)。

12/1(金)
月例報告を発送する準備に午前いっぱいかかってしまった。生徒が増えて、全部で38ものご家庭にお送りするのだから無理もない。この月例報告は開業してから毎月欠かさず出している。20通くらいしか出してない時期もあったのだから、いまは大変だがありがたいことである。
午後は中学理科の指導資料(中2天気と中1化学)。

12/2(土)
数理講座を3コマ。
9:30~11:30 【中3】理科:天体の運動(1)、英語:関係代名詞(3)
18:00~19:20 【中1】理科:物質の分類・気体の性質
19:30~21:30 【中2】理科:空気中の水蒸気・雲のできかた、英語:形容詞の比較の文(1)
中3終了後、中3の進学相談会をお母さんとの三者で1件。

12/3(日)
9:00~13:20 中3の模擬試験。監督をしながら採点。
試験終了後、中3の進学相談会(三者)を2件。
仕事を全部終えてから、バタバタと片づけてビリー=ジョエルの札幌公演を聴きに札幌ドームへ出かける。週末から体調がいまひとつで不安だったが、なんとか持ちこたえた。実は昨年のこの時期にひどい風邪をひいて、サザンオールスターズのライブを泣く泣く諦めたことがあったのだ。
スタンド席のため、アーティスト達ははるか遠方。スクリーンとステージを交互に見ながら聴く。アリーナ席は満員だったがスタンド席はステージから見ての正面がぽっかり空いている。
海外の大物の実物を(はるか遠方だが)見るのは3年前のE=クラプトン以来。来日は8年ぶり。ニューヨークからなかなか出たがらない人だというから、よくぞ札幌まで来てくれたと思う。若い頃はもじゃもじゃ頭にギョロリと鋭い眼で、気難しそうな印象だったが、いまは丸坊主頭の優しそうなおっちゃん。あんなに楽しい人だとは思わなかった。
高校生から浪人のころまではよく聴いていた。20代で私はクラシックにどっぷり浸かる日々となり洋楽から離れたが、ずっと好きではあったのだ。2曲目に My Life 、3曲目に Honesty と続くと、ありがたくて涙が出そうになる。Just The Way You Are(素顔のままで)のサックスを聴いていたら本当に泣けてしまった。

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/42-9090e297
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)