FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京と名古屋に在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



洋楽のすすめ(34) NAT KING COLE : SMILE

(2020年5月9日発行の『神谷塾だより』に掲載したものに加筆しました)





チャールズ=チャップリン監督・脚本・主演の『モダン=タイムス』という映画がある(写真下)。製作は1936年、音楽付き無声映画で、美しい主題曲もチャップリン作曲のもの(器楽のみ)。後に J. ターナー と J. パーソンズ が詞を書き、タイトルを「スマイル」として、ナット=キング=コールが歌って1954年に大ヒットした。 N. K. コール(1919-65)はアメリカのジャズ歌手・ピアニスト。

「スマイル」は J. ガーランドや M. ジャクソンら多くの人にカヴァーされ、最近ではレディー=ガガが自宅で歌った動画を配信している。(J. ガーランドは本欄第27回「虹の彼方に」の歌手)

N. K. コールの演奏はたとえばこちらに。レディー=ガガの演奏はたとえばこちらに。

Smile, though your heart is aching
Smile, even though it's breaking
When there are clouds in the sky, you'll get by

笑ってごらん 心が痛むときも
笑ってごらん 心が折れそうでも
空が雲に覆われていても
君ならなんとかやっていけるから

If you smile through your fear and sorrow
Smile and maybe tomorrow
You'll see the sun come shining through for you

恐れや悲しみの中にあるときも
笑っていれば きっと明日は
雲間から太陽が現れ輝くのが見えるだろう

Light up your face with gladness
Hide every trace of sadness
Although a tear may be ever so near

その顔を喜びで輝かせ
悲しみの跡を隠してごらん
涙がまたこみ上げてくるとしても

That's the time you must keep on trying
Smile, what's the use of crying
You'll find that life is still worthwhile
If you just smile

いま諦めてはいけない
笑ってごらん
泣いたって何にもならないじゃないか
人生はまだ生きる価値があるとわかるよ
ただ笑ってさえいれば

even though (=even if) は「たとえ…でも」。 it は前行の your heart 。
when の節は前行からの流れで「たとえ…の時も」と解釈した。
Smile and は前行の意味の反復になっている。
keep on ~ing で「~し続ける」。直訳すると「頑張り続けなくてはならない時だ」。
what's the use of ~ing? で「~して何の役にたつのか」。
worthwhile は「時間・金・労力をかけるだけの価値(やりがい)がある」。
 例: This movie is worthwhile. 「この映画は観る価値がある」



この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/411-404e3ec4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)