FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



洋楽のすすめ(31) BOBBY VINTON :MR. LONELY

(2019年9月23日発行の『神谷塾だより』に掲載したものに加筆しました)



演奏の模様はたとえばこちらに。

ボビー=ヴィントン(1935-)はアメリカの歌手。1962年に実質的デビューし、2015年まで現役で活躍した。邦題「ミスター=ロンリー」は1964年に全米チャート1位を獲得した代表曲。従軍兵士の望郷の思いを歌ったもので,ヴィントン自身の兵役体験に基づくようである。

旋律の美しさから器楽曲としてのカヴァーが多く,1967年から現在も続くラジオ番組「ジェット=ストリーム」のオープニングにも使われている。現在は溝口肇のチェロ独奏だが,神谷の世代の者にはフランク=プゥルセル=グランド=オーケストラの演奏(こちら)が懐かしい。

Lonely, I'm Mr. Lonely 
I have nobody for my own
Now I'm so lonely
I'm Mr. Lonely
Wish I have someone
To call on the phone

僕はミスター=ロンリー
僕には誰もいない 恋人と呼べる人は
とても淋しいよ
僕はミスター=ロンリー
誰かいてくれないものだろうか
電話で話せる人が

Now I'm a soldier, a lonely soldier
Away from home
Through no wish of my own
That's why I'm lonely 
I'm Mr. Lonely
I wish that I could go back home 

僕は孤独な兵士だ
故郷から遠く離れて
僕自身が望んだわけでもなく
そんなわけで いま僕は独りぼっちだ
僕はミスター=ロンリー
故郷に帰れたらいいのに

Letters, never a letter
I get no letters in the mail
I've been forgotten
Year! Forgotten
Oh, how I wonder how is it I failed 

手紙は来ない ただの一通も
郵便物の中に僕宛てのものはない
僕は忘れられている
なんてこった! 忘れ去られてるんだ
何がいけなかったのだろう

lonely の発音は/lounli/(ロウンリ)。only も/ounli/ (オウンリ)であった。
That's why ~= That's the reason why ~。「それが~する理由である」。why は先行詞 the reason を内に含む関係副詞。
I wish+主語+仮定法過去。現在の事態と反対の願望を表す。
文の構造がわからない。たぶん = I wonder how I failed といったところ。「僕はどのように間違ったのだろう」。



この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/396-65eb873b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)