FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京と名古屋に在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



週刊あれこれ(2019.6.24~6.30)

某日 部活の夏の大会がそろそ終わるのか,大会の最中にはなかなか塾へ来れなかった高校生たちがちらほら戻ってきた。新規で数学の添削指導を受けることにした生徒がひとり。

某日 高校化学のメンテナンス。この日は「ベンゼンとその誘導体の置換反応」。

某日 高校世界史のメンテナンス。この日は「ヨーロッパ主権国家体制の展開」。

6月29日(土) 理科講座の第8回。中1「物質の状態変化」と中3「中和とイオン」。定期試験対策の期間を挟んだ後なので前週もこの日も中学の授業を追いかける恰好だが,中学の授業数回分をまとめて講義する当講座としてはむしろやりやすい。中1は「状態変化」の話に「蒸留」をくっつけるので,解説している時間が長く,演習問題の量がほどほどであっても毎年オーバオーフローする。中1・中3ともこの講で化学分野が終了。



この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/383-1bfe6324
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)