FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京と名古屋に在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



テストが返ってきたら

(2019年6月14日発行の『神谷塾だより』に掲載したものです)

テストの答案が返ってきたら、不正解だったものをしっかり分析して今後に活かそう。

「不正解」と一口に言っても原因はさまざまだ。
①そこを勉強していなかった
②苦手なところだった
③問題をよく読まなかった
④計算をミスった
⑤うっかり間違えた(いつもの自分ならできていた、のか?)

①と②は心配しなくていいだろう。「締切に間に合わなかった」のであって「知性が足りていない」わけではないからだ。この先も実力テストとか入試があるから、遅ればせながらしっかり勉強しておこう。

問題は④と⑤だ。もしかしたら、これまでもしょっちゅう同じことを繰り返してきてはいないか?数学なら符号のミスとか、英語なら三単現のsとか複数形のs、時制の誤り、コンマ・ピリオド・クエスチョンマークの漏れ、などなど。「またやっちまった」ではダメなのだ。自分の間違いのクセを知って、自分を教育しなくてはね。

「何が良くなかったのかわからない」というものがある人は、その部分をわかり損なっている可能性がある。すぐに相談しなさい。

振り返れば勉強方法にも、反省すべき点と良かった点があるだろう。良かった点はよく憶えておいて、引き続き実行したまえ。たとえば「朝早く起きて数学をやったら冴えていた」とか「寝る前に英単語を練習したらよく憶えられた」という人は、習慣にするといいのだ。継続は力なり。きっと将来につながる。

反省を促したい点をひとつ書いておく。中学生諸君で、塾のワークの復習(青マルの解き直し)をした人はどのくらいいるだろうか。土日も含めて君らの試験勉強にずっと付き合ってきた感触では、試験範囲を解ききるのが精一杯か、それすらも達成できなかった人がいるだろう。塾のものに限らず,どんな教材にも言えることだが、解きっぱなしでは効果はあまり期待できない。試験範囲を解き終え、復習を始めてからが勉強の本番なのだ。

今回の試験で、十分に準備できず結果も今ひとつだったという人は、その理由に心当たりがあるはずだ。今回の自分の勉強ぶりをよく分析して、次のテストで大躍進することを期待したい。



この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/377-82b711a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)