FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



週刊あれこれ(2019.4.22~4.28)

某日 加藤秀俊『独学のすすめ』(ちくま文庫)を読了。道コンの素材になっていたことで存在を知り,読んでみようと思ったものである。「学問の流動性」の章では,学生の大学間移動をもっと自由に(アメリカのように)できないか。各大学が門戸を閉ざし,国内の学生に対してすら移動を認めないでいるようでは,「国際化」などと不用意に言うべきではない--という論説がとてもよく腑に落ちたものである。論旨が明快で達意の文章。快適にどんどん読めてしまった。

某日 玉村豊男『男子厨房学入門』(中公文庫)を読了。「料理は愛情でもなければまごころでもない。料理は知識であり,技術なのだ」という一節を朝日新聞一面の「折々のことば」(鷲田清一氏による)で見つけて入手した。厨房に入ることを男子に勧めるのは,食べたいものは自分でつくるのが基本だからである。素直に納得がいき,ずいぶん長い間食事を作っていない我が身を反省した。

某日 岸井ゆきの主演『愛がなんだ』を観に,ディノスシネマズ札幌(南3西1)へ。学生時代の思い出も残る大切な映画館だったが,今年6月で閉店となる。札幌ではここでしか上映していない映画というのがよくあり(※),それは同時に貴重な作品であることも多かったので,本当に残念だ。あと何回行けるだろうか。新しい店舗が早く見つかることを祈りたい。
※最近では以下の映画がそうだったはずである(一部)。
2019年 恐怖の報酬(オリジナル完全版)
2018年 エリック=クラプトン・12小節の人生
 遊星からの物体X(デジタルリマスター版)

某日 スキマ時間に本とか週刊誌を読むつもりでコメダ珈琲店狸小路2丁目店に入ったら,仕事机のような一人席に案内された。いかにもカフェで仕事をする人向けの,そこに座るなら仕事しなさいと言われているような席であった。それでつい仕事をしてしまった。

4月27日(土) 理科講座の第3回。中1化学「気体の性質」と中2生物「生物と細胞」「肺・肝臓・腎臓」。中1の講座は必ず1コマ目(18:30~20:00)で,その前には15時から個別指導をしている(自習も可)ので,15時とか16時から勉強に来て18:30から理科講座を聴いて帰る,というのが中1塾生へのお勧めである。これを実行する生徒は例年そう多くはないのだが,今年は初回(先週)から半数以上がやっていて,非常にいい感じである。




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/360-164bd759
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)