FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



ヤマガラ(2)

先日のヤマガラの別ショットです。

ヤマガラ2

【以下はWikipediaの記事を参考にしました】

ヤマガラは「スズメ目シジュウカラ科シジュウカラ属」に分類されます。スズメの仲間でありシジュウカラの仲間なのですね。(うちにはスズメは来ませんがシジュウカラはヤマガラの次くらいに常連で,どちらもよく団体さんで来ています)

「標高1500m以下にある常緑広葉樹林や落葉広葉樹林に生息する。食性は雑食で、昆虫、クモ、果実などを食べる。主に樹上で採食し夏季は主に動物質を、冬季は主に果実を食べる。堅い果実は後肢で挟み、嘴でこじ開けて中身を食べる」のだそうです。ヒマワリの食べ方がまさにこれです。

「本種専用の『ヤマガラかご』を使い平安時代には飼育されていた文献が遺されている。学習能力が高いため芸を仕込む事もでき、覚えさせた芸は江戸時代に盛んに披露された」とのこと。うちに来る子たちもわりあい人に馴れている感じで,すぐ目の前で(窓ガラス越しに,ですが)観察していても物怖じせず,せっせとヒマワリをつついています。写真のように目が合うこともしばしば。



この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/357-fc3f52d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)