FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京と名古屋に在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



連休には読書を

もうすぐ大型連休。10連休ではなくとも,この機会に普段は読めない厚めの本を読もうとお考えの方もいらっしゃることでしょう(『週刊東洋経済』最新号で特集しています)。私も,今年1月に亡くなった梅原猛氏の『水底の歌 柿本人麻呂論』に挑戦しようと思っています。いわゆる古代三部作のうち『隠された十字架』と『神々の流竄』は若い頃から何度か読んでいるのですが,『水底の歌』だけ読めずにいたので。

さて,子供たちにとっても大型連休です。例年ですと登校しなくてはならない4月30日~5月2日も,ご承知のように今年に限ってはすべて休日。ここぞとばかりに特別な宿題が出たり部活があったりはするでしょうが,いつもより自由時間が増えるのは確かではないでしょうか。そこで--

子供たちも読書のための日なり時間を取れないものでしょうか。お勧めは「岩波ジュニア新書」などの新書です。一冊一冊テーマがはっきりしているので,普段は学校の朝読書だけという子にも,普段は小説が中心という子にも,向いています。また,その道の専門家が中高生向けに書き下ろしているものなので,内容もしっかりしています。

一度お子さんを大型書店の新書売り場に連れて行ってあげてください。それはそれは膨大な量の本が並んでいて,全部見て回ろうとすると1日あってもたぶん足りません。だからお子さんとしては岩波ジュニアに絞って探すのがうまい作戦だと思うのです。ご本人が面白そうだと思う本を4~5冊,買ってあげてください。面白ければ最後まで読めばいいし,つまらなければ途中でやめていいからと。すると,お子さんも本気で自分にとって必要な本を探すのではないでしょうか。

これで新書の良さを一度知れば,そのうち必要に応じて大人向けの新書も探すようになると期待できます。そのうち,新書がいつも鞄に1冊入っている,というデキルやつに成長するかも知れません。いいでしょう?

そして,つまらないからとお子さんが中断した本がもしもあれば,お母さんかお父さんの本にすればいいのです。岩波ジュニアは大人の入門にも適していますので。



この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/356-abc0ce61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)