FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



道コン資料活用法(1) 仮想実力点

小中学生の方は,北海道学力コンクール(道コン)の個人成績票が届いている時期でしょう。早ければ明日18日(木)には総合資料も手に入ると思います。その個人成績票や総合資料をご覧になるにあたり,お役に立つかも知れないことを少しずつ書いてみようと思います。今日はまず,総合資料の利用法について一席。

総合資料の後半に「得点・SS換算表」というのがあります。これは道コンのHPでも見ることができます。

仮に今回の成績がいまひとつ振るわなかった人。各教科,全問を見直し,ケアレスミスをはじめ「正解できたに違いない」問題の失点分を得点に加えて「仮想実力点」を出してみましょう。この操作は自分に甘くするとあまり意味がないので,なるべく厳密にする。そして,各教科で何点増やせるかわかったら,合計します。5教科の「仮想実力点」は何点になりますか?それを換算表に照らし合わせて「仮想実力SS」を出してみてください。

たとえば今回中3で受験して合計200点だった人はSS57.3です。見直した結果,国語で3点,数学で3点,社会で4点,理科で4点,英語で6点,「増やせた」としますと,合計20点アップして220点。「仮想実力SS」は61.0になります。どうですか?

(5教科で20点上げるというと大変なことのように思われるかも知れませんが,実は各教科4点ずつ,設問数にすれば2問くらいのものなのです。試験の現場での心がけ次第で上げられる範囲かも知れません)

さらに,個人成績表の各高校の相関表で,たとえばある高校のイエローのゾーン(40~60%)にいたのなら,SSを4だけ(2マス)左へスライドさせてみましょう。グリーンのゾーン(60~80%)に食い込めるはずです。合格が見えてきましたね!

この「仮想実力」はいちおう根拠のあるものです。道コンの成績は出てしまったので何ともなりませんが,「本当はSS61は取れそうなんだ」と思うだけで励みになるのではないでしょうか。ぜひやってみてください。



この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/348-bd62da5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)