FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



洋楽のすすめ(26) BING CROSBY : WHITE CHRISTMAS

(2018年12月17日発行の『神谷塾だより』に掲載したものに加筆しました)



ビング=クロスビー(1903-77)はアメリカの歌手・俳優。多くのクリスマスソングを歌ってヒットさせており、「クリスマスソングの王様」と呼ばれていたそうだ。

「ホワイト=クリスマス」を作詞作曲したアーヴィング=バーリン(1888-1989)はベラルーシ生まれ。5歳のときニューヨークに移住、苦労して歌手となり、やがてミュージカルの作曲を手がけるようになった。「ホワイト=クリスマス」が書かれた時期と場所は不明のようだが、場所はどうやら温暖な、つまり雪の降らないところであったらしい(注①を参照のこと)。

クロスビーが録音したのは第二次世界大戦中の1942年。特に海外へ派遣されている兵士の郷愁を誘い、愛されたということである。

I'm dreaming of a white Christmas
Just like the ones I used to know 
Where the treetops glisten and children listen 
To hear sleigh bells in the snow

   真っ白なクリスマスを夢見ている
   昔から知っていたようなクリスマスを
   そこでは 梢はきらめき 子供たちは耳を澄ませる
   雪の中に橇の鈴の音を聞くために

I'm dreaming of a white Christmas
With every Christmas card I write 
May your days be merry and bright 
And may all your Christmases be white 

   雪のクリスマスを夢見ている
   クリスマスカード1枚1枚にこう書きながら--
   あなたたちの毎日が楽しく 輝かしくありますように
   そして あなたたちのクリスマスがみな 雪景色の中にありますように

used to~は過去の状態。「以前は~であった(が,現在は~でない)」と、現在との対比を含む。現在いる場所ではクリスマスに雪が降らないようだ。
whereは関係副詞の連続用法であろう。先行詞にあたるのは(書かれていないが)「真っ白なクリスマスを迎えている場所」。
with以下は前のフレーズを修飾する(付帯状況という)。
May+主語+述語動詞!で「(主語)が~しますように」。祈願文という。
 例:May you live long! 「あなたが長生きしますように」



この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/345-ac39063a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)