FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



洋楽のすすめ(24) THE BEATLES:SOMETHING

(2018年10月15日発行の『神谷塾だより』に掲載したものに加筆しました)

abbeyroad

本欄でのビートルズ5曲目はジョージ=ハリスン(1943~2001)の作品。ジョージは4人の中では最年少で、主にギターとコーラスを担当。作品数でもリードヴォーカルでも圧倒的な存在感のあるJ.レノンとP.マッカートニーの陰に隠れ、「静かなるビートル」などと呼ばれていたが、ビートルズ中期から徐々に頭角を現した。

Something はビートルズ最後のアルバム『アビー=ロード』収録の彼の代表作。ビートルズでは「イエスタデイ」の次にカヴァーが多く、フランク=シナトラは「20世紀最高のラヴソングだ」と絶賛したという。

韻を踏むために置かれた言葉が多いので緻密に意味を取るのは難しい。メロディに乗せた言葉の響きを味わってほしい。

Something in the way she moves
attracts me like no other lover
Something in the way she woos me
I don't want to leave her now
You know I believe and how
   あの娘の仕草のひとつひとつが 僕を惹きつける 他の誰よりも強く
   僕を愛撫するあの娘の仕草がたまらない
   あの娘の傍を離れたくない この気持ちだけは確かなんだ

Something in her smile she knows
that I don't need no other lover 
Something in her style that shows me
I don't want to leave her now
You know I believe and how
   あの娘の微笑みは知っているかのよう
   僕には彼女以外誰もいらないってことを
   あの娘の様子からそう感じ取れる
   あの娘の傍を離れたくない この気持ちだけは確かなんだ

You're asking me will my love grow 
I don't know, I don't know
You stick around now, it may show 
I don't know, I don't know
   僕の愛が育つかと君は訊く わからない 僕にはわからない
   一緒にいれば いつかはわかるかも知れない
   でも 今はわからない 僕にもわからない

Something in the way she knows
And all I have to do is think of her 
Something in the things she shows me
I don't want to leave her now
You know I believe and how
   あの娘の素振りはすべてを知っているかのよう
   僕はただ あの娘を思っていればいい
   何を見ても 僕はあの娘を思い出してしまう
   あの娘の傍を離れたくない この気持ちだけは確かなんだ

(山本安見氏の対訳をほぼそのままいただきました)

that の後は文法的には I don't need any other lovers となる。
will 以下は my love will grow (間接疑問)となるべきところ。
stick around は何かを待って「その場を離れずにいる」。
is の後は to thimk of her (不定詞の名詞用法)となるべきところ。



この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/343-6f918528
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)