FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



洋楽のすすめ(23) THE PLATTERS :SMOKE GETS IN YOUR EYES

(2018年9月18日発行の『神谷塾だより』に掲載したものに加筆しました)



演奏の模様はたとえばこちらに。

プラターズを知らなくても曲名を知らなくても、この佳品を耳にしたことはあるだろう。邦題「煙が目にしみる」は1933年、アメリカの作曲家J. D. カーンによりミュージカルのために書かれ(作詞はO. ハルバック)、46年にナット=キング=コールが、58年にはプラターズがカヴァーしてヒット。ジャズのスタンダードでもある。

プラターズは1953年結成のアメリカのコーラスグループ。55年に「オンリー・ユー」(これも皆知っているだろう)が大ヒットした。幾度もメンバーチェンジと分裂を繰り返したが現在も活動中であるようだ。「オンリー・ユー」や「煙が目にしみる」のころのメインヴォーカルはトニー=ウィリアムズという男性(写真では後列左側、92年死去)。

They asked me how I knew my true love was true
Oh, I of course replied something here inside cannot be denied
   皆が訊いた 僕の恋が本物だと どうしてわかるんだって
   もちろんこう答えた この心の内にあるものは誰にも否定できないよ

They said someday you'll find all who love are blind
Oh, when your heart's on fire
you must realize smoke gets in your eyes
   皆が言った いつかわかるだろう 恋するやつは皆盲目だと
   心が燃え上がっていると 煙で目が見えなくなるのさ 理解しなよ

So I chaffed them and I gaily laughed
to think they could doubt my love
Yet today my love has flown away
I am without my love
   だから皆をからかい 陽気に笑い飛ばしてやった
   僕の恋を疑うなんてと
   だが今日 僕の恋は飛び去ってしまった
   僕は恋を失くした

Now laughing friends deride tears I can not hide
Oh, so I smile and say
when a lovely flame dies, smoke gets in your eyes
   皆が笑って馬鹿にする 僕が涙を隠せずにいるのを
   それで僕は 微笑んでこう言う
   美しい炎が消えるときは 煙が目にしみるんだよ

to think は不定詞で前の行の laughed の理由を示すのだと思われる。
  「彼らが僕の恋心を疑っているだろうと思って」笑い飛ばした。
yet は接続詞で「けれども、それにもかかわらず」。

ところで、smoke gets in your eyes が二通りの意味で用いられているのがわかるだろうか。最初は「心が燃え上がるときの煙で目が曇り、現実が見えなくなっているぞ」と仲間に冷やかされているのだが、二度目はそのフレーズをそのまま使い「炎が消えるときの煙が目にしみて涙が出るんだよ」と返しているのである。歌の主人公は辛いときにも機知とユーモアを忘れない。やるではないか。


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/342-b5ea4eec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)