FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



洋楽のすすめ(22) SIMON & GARFUNKEL :FOR EMILY, WHENEVER I MAY FIND HER ①

(2018年6月21日発行の『神谷塾だより』に掲載したものに加筆しました)



演奏の模様はたとえばこちらに。

邦題「エミリー・エミリー」(原題の訳は「エミリーのために 彼女を見つけるといつも」)は1966年の作品。作詞作曲はポール=サイモン。ポールの12弦ギターでの伴奏にアート=ガーファンクルのヴォーカルという、シンプルだがしみじみと美しい小品。

What a dream I had
Pressed in organdy
Clothed in crinoline of smoky Burgundy, softer than the rain 
   なんて不思議な夢だったんだろう
   君は 体にぴったりのオーガンディーに包まれ
   雨よりも柔らかい くすんだワイン色の膨らんだスカートをつけていた

I wandered empty streets down, passed the shop displays
I heard cathedral bells tripping down the alleyways as I walked on ③④
   僕は人けのない通りをさまよい ショーウィンドウの前を通り過ぎ
   大聖堂の鐘の音が 裏通りにまで染み渡るのを聞きながら 歩き続けた

And when you ran to me, your cheeks flushed with the night
We walked on frosted fields of juniper and lamplight
I held your hand
   すると君が駆け寄ってきた その頬は夜の冷気に赤らんでいた
   僕らはネズの木や街灯に彩られた凍てつく雪原を歩いていった
   君の手を握りしめて…

And when I awoke and felt you warm and near
I kissed your honey hair with my grateful tears
Oh, I love you, girl
Oh, I love you
   そこで目が覚め 傍らに君のぬくもりを感じ
   蜜のように美しい君の髪に感謝の口づけを捧げた
   ああ 愛してるよ、君
   愛してる

(武内邦愛氏の対訳をほぼそのままいただきました)

whenever S may ~ で「Sがいつ~しても」。
organdy は夏の婦人服などに用いられる薄手の織物。 crinoline は骨組みを入れて膨らませたスカート。 smoky Burgundy は色の名。
hear O ~ing で「Oが~しているのが聞こえる」。
as は接続詞で「…すると同時に」「…しながら」。



この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/340-607439bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)