FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京と大津に在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



洋楽のすすめ(19) WHAM!:LAST CHRISTMAS

(2017年12月14日発行の『神谷塾だより』に掲載したものに加筆しました)



ワム!は1981年から1986年まで活動したイギリスのデュオ。音楽面をジョージ=マイケル(写真右)が、ステージ構成やビジュアル面をアンドリュー=リッジリー(同左)が分担したとされる。二人とも'63年生まれ。ソロでも活躍したジョージは、去年の12月25日(ラスト=クリスマス!…)に53歳で没している。

「ラスト=クリスマス」は'84年の作品。作詞作曲はジョージで、歌っているのもジョージひとり。前年発売の山下達郎「クリスマス=イブ」とともにバブル期日本のクリスマスのBGMとして一世を風靡した。いまだにこの時期になると必ずどこかで流れているので、冒頭だけでも口ずさめる人も多いことだろう。

Last Christmas I gave you my heart
But the very next day you gave it away 
This year, to save me from tears, I'll give it to someone special

   去年のクリスマス 僕は君に心を捧げた
   でもすぐ次の日 君はそれを放り出してしまった
   今年は涙に暮れなくて済むように 誰かほかの特別なひとに捧げよう

Once bitten and twice shy 
I keep my distance but you still catch my eye
Tell me baby, do you recognize me?
Well, it's been a year, it doesn't surprise me


   一度の失敗で臆病になって 君とは距離を置いている
   それなのに 君はいまだ僕の目を捕らえて離さない
   教えてくれ 僕のことを憶えてるかい?
   まあ あれから1年 (忘れられていても)驚きはしないよ

“Happy Christmas!” I wrapped it up and sent it
With a note saying "I love you" I meant it
Now I know what a fool I've been
But if you kissed me now, I know you'd fool me again


   「ハッピー・クリスマス」 リボンをかけて届けた 「愛してる」と詞を添えて
   自分がどんなに愚かだったか今ではわかる でも
   もしも今、君がキスをくれたら 僕はきっとまた騙されてしまうだろう

A crowded room, friends with tired eyes
I'm hiding from you and your soul of ice
My God, I thought you were someone to rely on
Me? I guess I was a shoulder to cry on 


   混み合った部屋 疲れた目をした友人たち
   君と君の冷たい心から僕は隠れている
   なんてことだ 君を信頼できるひとだと思っていたなんて
   僕はどうかって? ただの相談相手だったんだろう

A face on a lover with a fire in his heart
A man under cover but you tore me apart 
Now I've found a real love you'll never fool me again


   僕は恋する者の顔をしていただろう 心に炎を燃やして
   だからひっそり隠れていた なのに君は僕の心を引き裂いた
   やっと本当の愛というものがわかったよ 二度と君に惑わされはしない

Maybe next year I'll give it to someone special
Who'll give me something in return
hold my heart and watch it burn


   来年は誰かに心を捧げられるだろうか 僕にも愛を返してくれる誰かに
   僕の心を捕らえ 心が燃えるのを見つめてくれる誰かに

I've got you here to stay, I can love you for a day
I thought you were someone special


   君がそばにいてくれるなら 一日中でも愛してると言えるよ
   君をかけがえのないひとと思っていたんだ

give awayは「(人に物を)ただでやる」。ここでは「手許から放り出す」。
「一度噛まれると次は臆病になる」。bittenはbite(噛む)の過去分詞。
a shoulder to cry onは「泣くための肩」から「悩みを聞いてくれる人」。
toreはtearの過去形。tear apartで「…を引き裂く」。

彼女の相談に乗っているうちに惚れてしまったが、彼女にはその気はなかったらしい。単にフラれただけだろうに、彼女を悪く言い過ぎ。しかも未練たらたらで、今年は結局告白する相手は見つからず、来年はたぶん、とか言っている。洋物のラブソングに一人称で出てくる男にはこんなやつが多いな…と思うのは気のせいか。

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/335-9d4f44d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)