FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



洋楽のすすめ(17) THE BEATLES:AND I LOVE HER

(2017年9月18日発行の『神谷塾だより』に掲載したものに加筆しました)



ビートルズ1964年のアルバム『ハード=デイズ=ナイト』に収録の、小品にして佳品。作詞作曲はP.マッカートニー。柔らかいアコギの響きが甘い曲想によく合っていて美しい。間奏のギターソロに入るところの転調も印象的。短い上に難しい単語も一切ないのでお勧めだ。

I give her all my love that's all I do
And if you saw my love you'd love her too -- I love her


   僕のすべての愛を彼女に捧げる それが僕にできるすべてだ
   彼女を一目見れば誰だって愛してしまうだろう 彼女を愛してる

She gives me everything and tenderly
The kiss my lover brings she brings to me -- And I love her


   彼女はすべてを僕に与えてくれる 優しく
   愛をこめたキスをぼくにしてくれる 僕も愛してる

A love like ours could never die
As long as I have you near me


   僕たちのような愛は決して消えない 君が僕のそばにいてくれる限り

Bright are the stars that shine, dark is the sky
I know this love of mine will never die-And I love her


   鮮やかに星たちは輝く 夜空の闇に映えて
   そうとも 僕のこの愛も決して消えない 彼女を愛してる

形式は「仮定法過去」。
2文とも倒置。



この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/332-27241796
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)