FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



高校入試が済んだら

北海道の公立高校入試(学力検査)が今日(3月5日)行われました。高校入試を終えた中3の皆さんはお疲れさまでした。今日は自己採点をするほかは勉強する気など起こらないでしょうが、明日か明後日あたりから高校の予習を始めるといいでしょう。

期間は長くないので、数学と英語に絞りましょうか。高校の合格発表のあと入学前の課題をもらいますが、それまで何もせずにいるのはもったいないし、高校で少しでもいいスタートを切るためには“貯金”を持って入学したほうが絶対にいいのです。

“貯金”と言えば、特に数学についてはこのブログや神谷塾のHPでたびたび書いているように、中3のうちに高校数学のせめてⅠを、できればAも、自分でひととおり勉強しておくと非常にいいのです。が、高校入試まで中学数学で手一杯だった人は今それを言われても困りますよね。ということで、数学Ⅰの最初のところ、「数と式」だけでも勉強しておきませんか。

ここは中学数学の「数と式」の延長といいますか発展になっていて、中3の「数と式」を勉強した人には敷居は高くありません。高校によってはこの章を自習しておけ、という課題が出たりもします。新しい公式や見慣れない記号が出てきますから、しっかりノートに書いて1つ1つ確かめながら(目で追うのではなく「手で追い」ながら)、進めていきましょう。

高校で授業を受ける前に自力でやるなんて…と思った君。高校で授業をしてくれるのを待っていてはだめです。高校の授業は(たぶん)中学とは段違いに速いし、高校の先生の教え方が上手いという保証もありません。易しいことならいいが、難しいことを上手くない授業で生まれて初めて教わると、かなりの危険度でそこがわからなくなります。だから、授業をされてしまう前に自分でできるだけわかっておくのです。春休みにも予習をするのですが、高校に入ってからもずっと、数学の予習を(英語も古典もそうですが)欠かさないようにしましょう。

白チャート教材は? 高校在学中の兄姉がいれば教科書を借りてもいいのですが、練習問題に詳しい解答がついていた方がいいので、あまりお勧めではありません。これまでのところの私の見解では、数研出版『白チャート』(正式名称『チャート式 基礎と演習』)の数学Ⅰがいいと思います(数学Aもあるし、Ⅰ+Aの合本もある)。教科書のダイジェストのような解説がありますし、例題も演習問題も平易なものから並んでいるので、初めて勉強する人でもこなしていきやすい。数学の『チャート』には赤・青・黄・白とあって、『白』は一番易しいものですが、最初はこれで十分です。たとえば札幌の公立トップ校に入ると『青チャート』かそれに相当する参考書を持たされるわけですが、何も勉強せずにいきなり『青』ではかなりの人が挫折すると思います。高校入学後すぐに『青』を買うにしても、『白』を持っていて邪魔になることはありません。むしろ助かるという人も多いと思います。


Forest英語については文法をやりましょう。たとえば桐原書店『総合英語Forest』がいいと思います。中学英語ではあまり苦労なく来た人も、あちこちで目からウロコ。また、越えなければならない大きな山がまだまだたくさんあるのを実感できると思います。章立てが小刻みですし、各章末の練習問題の量も手頃です。なお、高校でこの本かこれに相当する参考書を持たされますが、同じ本であれば2冊目を買わなければいいし、後で英文法の他の参考書を買ってもいいではありませんか。また高校で違う本を持つように言われても、『Forest』はやはり決して邪魔にはなりません。


この春休みにしっかり「心の準備」をして、高校での勉強を充実させてください。



この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/304-b749fac7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)