FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



今年のクマ出没

週に3~4回,平日の朝,犬の運動と社交?のために散歩する近所の公園。この時期になるとクマが出没して立入禁止になることがよくあります。札幌市の南区では今秋すでにクマの出没がニュースになっていて,うちの近所(西区)も時間の問題かと思っていました。





赤い看板には「25年10月4日 宮丘公園内で熊の糞見つかった為立入禁止とします」と書かれています。黄色いテープはクマが出てくるのを防ぐためではなく(笑)ヒトが入るのを遮るためです。もちろん,これなら入ろうと思えば入れます。

この公園は面積約33haと西区では最も広大な,したがって散歩のしがいのある公園です。こんな場所が近所にあるのも家を建てた理由のひとつなのですが,ここが立入禁止になると犬を運動させる場所がなくなる。そのときはやむなく車で別の公園に連れて行ったりもしますが,毎日それをやる余裕はありません。

クマが出るといっても公園内では山寄りの深い森の辺りのはずで,いつも犬を遊ばせる「芝生広場」は反対側だし非常に開放的な空間なのでまさかクマは出てこないだろう。そう考えて今朝はその「芝生広場」近くの別の入口まで歩きました。案の定そこは封鎖されていませんでしたので,そっと入り,いつものように犬と過ごして,またコースを逆に辿って帰ってきました。いくつかある他の入口はすべて封鎖されているのか,我々のほかにはヒトも犬も全く見あたらず。

この公園は住宅地に隣接しているので,クマが出てきてしまう分には公園だけ立入禁止にしてもあまり意味はありません。ほとぼりが冷めるまで?は警戒しながら生活することになりそうです。


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/297-c72c41ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)