FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



分解者は消費者でもある

中3理科「生物界のつながり」で、「分解者」というグループの意味が2012年度から変更されています。

従来は生物を「生産者」(=植物や藻類・植物プランクトン)、「消費者」(=動物)、「分解者」(=菌類・細菌類)と分けていました。これが今年度からは、まず大きな括りは「生産者」「消費者」の2つとし、「消費者」の中に「分解者」を置くことになっています。

「生産者」は光合成などをして無機物から有機物を作り出すことのできるもの。これは従来どおりですが、「消費者」は自分で栄養分をつくらず他の生物やその遺骸などを食べるか分解するかして生活するもの、つまり<生産者以外のすべて>ということになりました。

そして「消費者」の中に、もっぱら生物の遺骸や排出物を栄養分とするサブのグループとして「分解者」を置きます。「遺骸や排出物」とは?--動物の場合はすぐにわかると思います。植物の場合、遺骸とはたとえば落ち葉とか枯れ枝を指します。

「生産者」と対になる語は「消費者」であり、「消費者」の中に「分解者」がある。したがって「分解者」は「消費者」でもあることになったのです。生産しないのであれば消費のみするわけですから、まあ「すっきりした」とも言えるわけですが、実際はそう簡単ではありません。注意しておきたい点を2つ挙げておきます。

[1] 菌類・細菌類

菌類はカビ・キノコの仲間で、細菌類は酵母菌・枯草菌・乳酸菌など。これらは従来は「分解者」でした。遺骸・排出物も、そうでないものも(生きている動植物に取り付いたりもしますからね…)、最終的に二酸化炭素・水・種々の窒素化合物といった無機物に変えてしまうので文句なく「分解者」ですが、今年からは「消費者」でもあることになりました。繰り返しになりますが、栄養分を生産してはいないからです。

[2] 土中などにいる小動物

<草食系>では落ち葉を食べるミミズやダンゴムシ、トビムシ、草食のダニなど。<肉食系>ではトビムシや草食のダニを食べるカニムシや肉食のダニ、動物の遺骸を食べるシデムシ、動物の糞を食べるコガネムシの仲間、さらに自分より小型の小動物はみな食べるクモやムカデなど。これらは従来は「消費者」でしかありませんでした。エサはいちおう有機物であり、排出する糞も有機物ですから<最終的に無機物だけにする>ことはできないのですが、今年からは「分解者」の肩書きも持つことになりました。“本来”ゴミであったはずのものを積極的により細かいもの(糞)に形を変え、菌類・細菌類の処理につなげるから「分解」の役割を果たしている、と考えればいいでしょう。これら小動物がいなくては自然界が死体だらけ・落ち葉だらけになってしまうのですからね。

この点を修正できていない参考書・問題集・塾教材も多いと思いますので、現中3の人は気をつけましょう。・・・いや、初めて学習する中3の人よりも、実は<分解者=菌類・細菌類>と思ってずっとやってきた教師のほうこそ、言い間違えをしないようにしばらく努力を要するところかも知れません。


この記事に対するコメント

 お返事ありがとうございます。
 実は,先日,ある中学校の理科の授業を参観したときに,「消費者か分解者か」で,生物を分けることを生徒たちにやらせていたのを見て,「ん~,それって,どうなんだろう」「分けれないのでは」と思ったので,ネットサーフィンしていたら,このサイトに出会ったのです。
 冥王星も太陽系から外れたのですから,まあ,生物の世界もそんなのがあるのでしょうかね。
 それにしても「分解者」なんて言葉を,最初に使った日本人ってだれでしょうか。
 はじめて教科書で使われたのはいつ頃か…なんてことは,分かりませんよね。
 ネットで色々調べてみるのですが,有力な情報は引っかかってきません。理科教育関係の図書を見ても,なかなか分かりませんでした。
【2013/11/16 17:51】 URL | 珠洲のまさ #-[ 編集]

ありがとうございます。

今回の変更がどのような経緯で行われたかはわからないのですが,こと自然科学に関して言えば,学界の動向を反映していることが多いのではないでしょうか。つまり,新たな知見が得られたり「定説」が変化したりすると教科書の記述も変わっていくようです。理科であれば「モノグリセリド」の件(別記事にしてあります)とか,藻類は分類上の植物から外すとか,といったことでしょうか。これは歴史でもそうですね。

物理ですと中学レベルで最新の知見を反映することが滅多にないわけですが,生物ではよく経験します。もともと厳密にしきれない部分が多いからかも知れませんね。
【2013/11/16 12:58】 URL | 神谷英樹 #-[ 編集]

 この分解者という定義ですが,こういう科学的な言葉の定義は,どこかで決まっていないのですか? 文科省如きが,勝手に解釈を変えてもいいのでしょうか? あるいは,そもそも文部省が作ってきた言葉なのでしょうか?
 もしご存じでしたら教えてください。
【2013/11/16 10:57】 URL | 珠洲のまさ #-[ 編集]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/01/30 15:09】 | #[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/285-997a88e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)