FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



札幌の秋の空

8月下旬から今週までずっと、中学部生徒の保護者の方と進学相談会をしています。各ご家庭につき約1時間。今日は午後1時からおひとり。

DSCN0803.jpg
それが済んで遅い昼食に出ての帰り道、空の青さに見とれました。台風が来ていて昼頃に少し降雨があったので、雲はありましたが大気が洗われていて清々しい感じ。「天馬が駆けている」ような形の雲を見つけたのでシャッターを押しました。雲の形も面白いのですが、空の青さがいいと思いませんか。



私は初秋の札幌の空の色が好きです。ほの暗く、どこまでもつーんと澄んでいて、見ていて飽きません。雲量0とか1の快晴よりも、少し雲があるほうが青が映えて美しいかも知れません。

東京で暮らしていたころ、暑い暑い夏を乗り切って(生き延びて…と言ったほうが合っていた)9月を迎えるころ、
「札幌はもう涼しいんだろうなあ。空がきれいなんだろうなあ」
と、北の空に視線を向けていたりしたのです。つまりホームシックです。ホームは愛知ですが(笑)。

帰りたくてしようがなかった札幌に帰って来れたのだから、実はおれはもう人生の幸福の半分は手に入れたようなものなのだろうと、この時期にはよく思います。それが毎年のことですから、潜在的に基本的に、私はそういう価値観で生きているのでしょう。お世話になっている同業の社長さんに「商売っ気がないねえ」などと言われるのも、そのせいかも知れません(笑)。

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/27-adbfbd59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)