FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



8月1日~8月31日

このところ朝晩は涼しくなって実によく眠れる。夏の間は早朝に勝手に目覚めてそのまま起きて犬の散歩に出たりしていたが、最近は目覚まし時計の助けがいる。睡眠は足りている気がしていたがそうでもなかったようで、朝寝はたいそう心地よく床を離れるのがつらい。

某日 中3の道コンを返却・解説して今年の夏期講習も終了。

某日 札幌第一高校の塾屋向け説明会に。

某日 理科講座の第13回。
【中2】生物と細胞/生物の進化 【中3】酸・アルカリとイオン
中2はこれにて「動物」を終了。「細胞」は「動物」の最初でやりたいところだったが、話の分量の都合で進化との2本立てに。

某日 理科講座の第14回。
【中1】力とは/力のつり合いと作用・反作用 【中3】中和とイオン
中1「力と圧力」を3回でやる。「力のつり合い」も「作用・反作用」も指導要領では中3だが、中1で教えておかないと中1内容を説明するにも不自由である。
中3はこれにて化学分野を終了。

某日 地歴講座の第12回。
【地理】関東地方 【歴史】近代ヨーロッパへの歩み 【公民】暮らしと経済
公民は経済分野に入った。この回を含めて9回でやる予定。

某日 地歴講座の第13回。
【地理】東北地方 【歴史】武士の全国統一 【公民】商品の流通と価格
東北地方の話をするならこのたびの震災に触れない訳にはいかない。もちろんSee-beには震災後の映像は入っておらず、太平洋岸での漁船やカキ養殖のイカダの映像など、まだ平和だったころのものばかり。
流通と価格の話の準備をしていて改めてわかったのは、経済と歴史が深く関わっていることである。今回やった信長の楽市楽座はカルテル禁止であるし、兌換紙幣(金本位制度)から不換紙幣(管理通貨制度)に移行したのは第一次世界大戦~世界恐慌が原因であった。

某日 道コンの結果が出たので、中学生のご父母との恒例の進学相談会。今回はよく英語の勉強の「動機付け」の話になる。英語は学び始めてからの年月が他教科より短いにも拘わらず、苦手・キライになると重症化しやすい。英語そのものや英語の勉強が本来的に好きであるとか性に合っているという子はたいてい心配はない。一方、英語が苦手・キライという子は英語も英語の勉強も面白がることができないのが根本の原因になっているようである。私が中学生だった遠い昔は「不良になるからやめろ」などと言われつつも洋楽にのめり込んだり、外国映画を観に行けば字幕で理解するのが当たり前だった。今の中学生は洋楽をあまり聴かないようであるし、外国映画も日本語吹き替えで観てしまう。刺激となる英語環境がむしろ貧しくなっているのが、英語苦手・英語嫌いを作っている一因に思えてならないわけである。

某日 用事があって北大のサークル会館へ出かける。その裏手の野球場で昨シーズン華々しい活躍を見せた硬式野球部が練習をしていた。打撃練習用のケージが2つ並んで、一方は投手が、他方はピッチングマシンが球を出し、打った球は内外野に散った部員が捕りに行く。投球のタイミングをはかって一塁から二塁に走る部員もいる。三塁側ではやはりピッチングマシンを使ってバントの練習。硬球に木製バットなので軟式では聞けない良い音がする。打撃練習の部員は皆ヘルメット着用である。
私は学生時代に野球部というところにいたことがないので練習がとても珍しく、ネット裏に当たるところでしばらく見学していた。そうしたら嬉しいことに私の姿を認めた若者が「こんにちは!」と挨拶をしてくれるのである。それも2度。見慣れないおやじが見物していて、OBではないだろうが一応挨拶しておくか、ということで声を掛けてくれたのであろう。私はもちろん「こんんちは!」と返しながら「OBではないですから~(お構いなく~)」とお断りする。若者は笑っていたがなんとも爽やかであった。状況にもよろうが「とりあえず挨拶しておこう」というのは正しい姿勢であるに違いない。
 

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/253-3d5ac7b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)