FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



4月16日~4月29日

某日 思い立って中学部と小学部のコース編成と料金見直しをする。これまで生徒の状況に応じて中学生は3コース、小学生は2コースとしていたのだが、どうも大雑把過ぎて実態にそぐわない気がしていた。それで中学生は4コース、小学生は3コースにし、さらに中学生で曜日・時間を決めて通う子は週3回を標準としつつも週4回などもあり、ということにした。また小学生は英語を混ぜたい子にはそれも可能ということにした。お問い合わせの方にあげている『通塾のしおり』の改訂とホームページの改訂をしていたら休日いっぱいかかった。

某日 理科講座の第2回。
  【中1】光の性質(1) 【中3】遺伝とその規則性

某日 理科講座の第3回。
  【中1】光の性質(2) 【中2】電流による発熱

某日 地歴講座の第2回。
  【地理】世界の気候 【歴史】縄文・弥生時代/古墳時代

某日 地歴講座の第3回。
  【地理】世界の人々の生活と環境 【歴史】飛鳥時代 【公民】日本国憲法

某日 スターバックスで勉強。最近は、時間のある日には
  『マクマリー有機化学・上』(東京化学同人)
  平川浩正『電磁気学』(培風館)
  E. F. シューマッハー『スモール イズ ビューティフル』(講談社学術文庫)

の3冊を持ち込んで順繰りにちょっとずつ進める、ということをよくやっている。時間のない日にはマクマリーか電磁気のどちらかにする。
 平川の電磁気学は、大学教養のときに買って学部時代にもわりあい力を入れて読んだもので、当時の書き込みがあるので進めやすい(はず)。実は平川の本の前に、これは技術系サラリーマン時代に買って読もうとしていた高橋秀俊『電磁気学』(裳華房)に再挑戦していたのだが、これは記述がたぶん非常に厳密でしかもあちこち難解で、読んでいて全く快適でなかった(読めている気がしない)ため、書棚に戻した。もしかしたらもう死ぬまで開かないかも知れない。
 シューマッハーの本は以前読んだ斎藤貴男氏の本に引用されていて部分的に感銘を受け、経済の勉強のつもりで読み始めたもの。まだ3章くらいまで読んだだけだが、聖書のごとく繰り返し熟読する価値がありそうだと思う。

某日 主治医のところで札幌市の「特定検診」(無料)とオプションの大腸がん検診を受けたので、その結果を聴きにいく。ちょっと悪玉コレステロールが多いそうなのだが、これは卵を減らすくらいで改善されるだろうとのこと。あとはおおむね異常なし。体重が多めなのはあまり気にしなくていいと言われ、むしろ「標準体重」では痩せすぎで老いて見えるきらいもあるとのこと。こんなふうに実際に即してユルいアドバイスをしてくださるので、私はこの先生が大好きなのである(笑)




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/244-98f8e3fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)