FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京と大津に在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



3月16日~4月15日

某日 今年度最初の理科講座。
 中1「光の反射」 / 中3「原子の構造とイオン」「電気分解のしくみ(1)」
 テストの前を除き、中1は時間短めで毎週、中2と中3は時間長めで隔週、という形式でいく。今年の中1は神谷塾としては人数が揃っているうえ、みな勉強熱心。そのメンバーが講座にもおおむね全員参加してくれているのは頼もしい。きっと、みんな理科が得意になるだろう。

某日 今年度最初の地歴講座。
 地理「世界の気候」 / 歴史「縄文・弥生時代」
 こちらは例年通り。配布資料も練習問題もこれまでに結構力を入れて整備してきたので、短時間で準備が済むようになった。その分、新しいネタを仕入れたり、勉強し直したりすることができる。いつも参加する生徒だと中2は2巡目、中3だと3巡目になるので、毎年同じ話をしてやがる、と思われないように頑張りたい。それにしても、中1から中3までに地理と歴史の授業を「通し」で3回ずつ受けられる塾は、全国にもそうはないだろう。すごいなあ(自画自賛)

某日 車のタイヤを交換。この時期は工場が混んでいるので早めに予約を入れたら、その前日も当日も雪。まあ、冬の初めにも何回かは夏タイヤで雪道を走るのだからと、特に気にせずに予定通り交換する。もう4月も中旬だというのに、今シーズンはなかなか冬が終わらない感じ。

某日 映画『シャッター アイランド』を観る。最後にどんでん返しがある謎解きミステリー。別に遠ざけていたわけではないのだがレオナルド=ディカプリオの主演作を観るのはたぶんこれが初。「訳あり」の男を演じるのが得意らしく、本人もそんなことを言っている。「どんでん返し」に入ったところで私は一瞬訳がわからなくなり(理解が遅いのである…笑)、結局エンドロールが始まるまですっきりしなかった。
 観終わって、もしかしたら私はとんでもない迷惑男であり、私がそれを知って死のうと思ったりしないように周囲が気を遣っているのではないか…とか、周囲はみんな知っていて私だけ知らないでいることがあるのではないか…とか、だから周囲から愛想を尽かされないようにしっかり(笑)生きていこう…とか、考えさせられてしまった。
 なお、上演前に、いろいろ仕掛けがしてあるからよく注意して観るように、といったメッセージが(日本語で)出るのが余計なお世話だった。映画そのものはよく出来ているのに、興醒めもいいところである。謎解きをしたい人はすればいいが、私のように頭を空にして(いつも空?)楽しみたい人間もいるのだ。だいたい、映画というのはそんなゲーム感覚で観るものではないのじゃなかろうか。

某日 久しぶりにカラオケに行く。23:30に入り、フリータイムで閉店の28:00まで。
 昨年後半は70~80年代の洋楽に傾いていて、車の中でよく「練習」していたのだが、最近は井上陽水をよく聴いている。時々、あるシンガーとかバンドのものばかり聴きたい精神状態というのがあるのですね。で、ちょうど井上陽水にどっぷり漬かっていたところに、折しも某放送局が2週連続で陽水の特別番組を組んでいた。それが大層面白く、おかげで今更のように完全にはまった。
 「帰れない二人」が故・忌野清志郎との合作であるのは承知していたが、この大物2人はデビュー当時から仲が良く、この曲は仕事のない日にどちらかのアパートで遊んで?いるうちにできたものらしい。先の番組では清志郎(RC?)のライブに陽水がゲストで出てこの曲を2人でやっているところが見られて感動ものだった。
 そんなわけでこの夜は「帰れない二人」に始まって、あとはいつも歌ってるやつとか、最近心に染みていつの間にか憶えたやつとか、心得のある曲を五十音順に片っ端から歌っていった。全部は歌えないのでトビトビになるのだが、それでもア行とカ行を終えたところで早くも2時間。トシのせいか、酸欠か何かでフラフラした(笑)。結局3時間半で休み休み45曲くらいを歌い、閉店までの1時間は新しく憶えたやつの復習。


この記事に対するコメント

『ライアーゲーム』って、戸田恵梨香ちゃんのやつですね。
『シャッターアイランド』は、ミステリーとしても物語としても楽しめると思いますよ。役者もしっかりしています。
(再来週のどこかで『ウルフマン』を観に行こうと思ってます)

カラオケは、たいてい一人です。僕は自分がずっと歌っていたいほうなので、連れがいると迷惑をかけてしまう(笑)のと、仕事の後で急に行きたくなったりするもので。
もちろん、気心の知れた人と一緒に行くのも大好きです。連れがいるとハモれるのがいいですね。
【2010/04/17 11:17】 URL | 神谷@管理人 #-[ 編集]

 私もディカプリオは「タイタニック」すら、みてないです。
 最近観た映画は「ライアーゲーム」ぐらいで、「シャッターアイランド」も、ちょっと、きょうみはあったんですけど、どしようかなあ。アリス・イン・ワンダーランドのが、より観たいかんじです。

 カラオケって、時間帯からすると、おひとりかな?それで、数時間って、なんてタフな喉でしょう(笑)

 今年は本当に寒いですね。
 おからだに、きをつけて。

【2010/04/17 10:13】 URL | みわ #tydjws2k[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/204-409bda1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)