FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



冬の華

冬の華

久しぶりに教科内容の話題です。カテゴリに迷ったのですが中学理科的には「空気中の水蒸気」で地学。

いま北海道にはこの7年くらいで最強の寒波が来ているそうで、最低気温は-11~12℃になるし、最高気温が-8℃くらい。今日はやや穏やかで-6℃になるとの予報です。道外の方には意外かも知れませんが、現代の札幌では最低気温でも-10℃を下回ることは珍しいです。

仕事場のあるビルの廊下の日の当たらない窓に、氷の結晶がびっしり貼り付いています。その昔、中谷宇吉郎が「冬の華」と呼んだもので、空気中の水蒸気が窓ガラス周辺で凍ったもの。うまくご覧いただけるでしょうか。本当はにじり寄って見るととても綺麗なのですが、携帯のカメラではこのくらいが限界。

二重の窓ガラスの、ガラスとガラスの間の空間にあった水蒸気が、外側のガラスの内側(ややこしい?)に凍って付着しています。気体が液体の状態を経ずに固体になることを「昇華」といいますね(固体→気体も昇華といいます)。こういうのを見ると「昇華」という言葉が非常に的を射て、しかも粋な表現であるように思えます。

昔は関東あたりでも見られたようですし、本当に寒い時には私の故郷の愛知でも見られるのかも知れませんが、私は愛知とか東京でこれを見た記憶はありません。毎日こういうのを目にする生活というのもなかなか愉快なものであります。


この記事に対するコメント

そうです、そうです。シャキシャキって感じのやつです。
いきなりズームアップした写真なのでわかりにくかったですね。ごめんなさい。

ちょっとググッてみたら中島美嘉が「雪の華」を歌い、徳永英明がカバーしてるようですね。

なお高倉健主演の『冬の華』という映画がありました。観たことはないんですが。今度探してみようかな。
【2010/02/04 14:56】 URL | 神谷@管理人 #-[ 編集]

まちがえました。
ゆきのはなじゃなくて、ふゆの・・だねw

ゆきのはなって、中島美嘉だっけw
【2010/02/04 14:03】 URL | みわ #-[ 編集]

あ、もしか 私が、外の針葉樹につもってるゆきだとみまちがってた シャキシャキってかんじなのが、雪の華?
【2010/02/04 13:59】 URL | みわ #AM84Q7pg[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/198-68a7852d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)