FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京と大津に在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



10月1日~10月15日

某日 地歴講座の歴史で「市民革命」をやる。過去2年は回数の都合で割愛してしまっていたところ。今年はいいペースでやれているので追加した。昔の授業ノートを検討しつつ、勉強し直しながら資料をまとめる。一昨年はこれが毎回だったので非常にきつかった(加えてSee-beの練習にも時間がかかった)が、年に1~2項目追加していくくらいならば楽だし、自分のためにもなる。
 なお、高校時代から世界史は非常に苦手だ。それにこの部分は啓蒙思想のことが大きなウェイトを占めるのでタイヘンだった。なお、ルソーは庶民の出で急進的、モンテスキューは上流貴族で穏健と、よく並べて扱われる2人が対照的だということを今回知った。

某日 三浦綾子『続・泥流地帯』(新潮文庫、441頁)を読了。本の厚みは正編と変わらないが、活字が一回り小さいので読みでがあった。筆舌に尽くしがたい様々な苦難のあと、主役たちの人生に明かりが射してきたところで完結。物語の終盤、
  ○善因善果、悪因悪果は人間の願望で、現実はそうはなっていない
  ○苦難を災難と思うか、試練と思うか、そこが大切だ
--と主役たちが話すあたり、深く考えさせられた。こういうことができるのが小説のいいところだ。続きを読みたい気がするが、それは叶わない。この作品の続編にあたるような作品はないのだろうか。どなかたご存じありませんか。

某日 『新しい科学の教科書』準拠問題集(地学編)の原稿の再校。解答解説もほぼできあがり、刊行を待つのみとなった。地学編も売れますように

某日 映画『さまよう刃』を観る。お盆に『サマー・ウォーズ』を観てからずっと映画に行ってなかったので、何かやってないかと前日探したらこの映画がこの日封切り。気になるホラーもあったのだが、ホラーを楽しむ気力はなく(笑)、むしろ重たい人間ドラマに身も心も沈殿したい気分だったので、ちょうど良かった。難しいテーマだし、救いがないまま結末を迎えるが、寺尾聰はじめ俳優陣が好演、十分楽しめた。というか、いろいろ考えさせられた。
 安直なコメントの代わりに全く横道にそれた感想をひとつ。映画で携帯電話が活躍するようになった。最近観た映画では、洋の東西を問わず、実写・アニメを問わず、物語の展開上本当にケータイが重要だった。ケータイなしでは話が成立しないようなのもある。固定電話と公衆電話しかなかった時代の映画を今の若者が観たら、不思議な思いをするのだろうか。「なんでケータイ使わないの?」って。

某日 今シーズン初めてストーブを焚く。試運転を兼ねて緩めの暖房。ストーブなしでも過ごせないことはないのだが、うすら寒いなあ、と思いながら勉強していても身が入らないだろうから。台風18号が来るころから急に寒くなり、半袖シャツでは寒いどころか初冬の装いがちょうど良いほどになった。峠では雪も降っているらしい。


この記事に対するコメント

『さまよう刃』は寺尾聰のくたびれた風貌が役にはまりすぎでしたね。もともとくたびれているのが、物語の進行とともにやつれていく様子が痛々しいくらい。

僕は映画を観ながらわりあいよく泣くほうなんですが、本作は全然でした。小説を読んでないので、結末はどうなるんだ?どうなるべきなんだ?…とずーっと考えていたせいか。
こういう映画を観る時間が日常の中にあるのもいいものです。

『サマー・ウォーズ』はよくできた作品で、非常に楽しかったですね。2回目を観ようかと思ったくらい。僕が今年観た邦画の中ではいちばんじゃないかと思います。
【2009/10/16 22:32】 URL | 神谷@管理人 #-[ 編集]

「サマーウォーズ」ごらんになったんですねw
私も夏にみにいきましたよ。(ひとりでw)なかなか おもしろかったですよね。
   「よろしくおねがいします!」
同世代では、見てる人少ないと思ってたんで、驚きました。
「さまよう刃」は東野圭吾ですよね。東野圭吾は大好きで、本はほとんど読んでるのですが、映画はけっこう当たり外れあるので、DVDまで、我慢することが多いです。「容疑者Xの献身」は、見に行きましたが・・・・。
「さまよう刃」はあの内容で寺尾さんって、もう泣くしかないじゃん・・・と思えたので、DVDまで、まちますw毎回映画館で号泣するのは、はずかしいんw

【2009/10/16 16:21】 URL | みわ #tydjws2k[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/186-269d6c77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)