FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京と大津に在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



7月16日~7月31日

講師時代から数えて15回目、神谷塾を始めて8回目の夏期講習。毎年少しずつ教材や教え方を変えてはいるものの、慣れて(熟練して?)来ているのは確かで、予習に費やす時間はずいぶん減りました。睡眠時間が確保しやすくなり、体調管理も容易に。だから少々きつめにしても大丈夫だろうという気になって、中3は8月2日(日)を休むほかはノンストップの16日間にしてみました。いつもは14日でやっているところ、2日増えるとずいぶんと余裕が生まれます。おかげで今のところは概ね翌日へのズレ込みなしでメニューを消化中。

某日 夏期講習の問い合わせがちらほらと入り、教室へお招きしての説明や受講の手続きで何かと慌しい。講習生の教材を買いに教材会社へ車で一走りということもしばしば。ポスティングのチラシを見た方とHPを見た方がだいたい1:2の比。HPをよく読んでくださっている方の中には「講習が終わったらそのまま入塾も」と仰るお母様もおられて有り難い。

某日 「道新進学フェア」のため、厚生年金会館(3階)に出かける。道内の私立中学・高校や国立高専を中心とした説明会。パワーポイントなど使いスクリーンを活用して工夫した説明をする所が多くなっている中で、相変わらず「パンフの何ページを見てくれ」という喋り中心の学校もまた多い。パンフがまだなくてプリント1枚というところもある。定員割れの学校も多い中、それぞれの真剣さというものが垣間見えるイベントである。
いつも各校の資料で一抱えほどの荷物ができるので車で行くのだが、会館大ホールでのお子様向けのイベントと雨天のため駐車場が大混雑。私は早めに出かけたのでスペースは幸いあった。私の後にも車が行列を成していたから、諦めて帰ってしまった人もいるのでは。

某日 1か月以上前から大騒ぎになっていた日食の日。当初はまるで日本中で皆既日食が見られるような誤解もされていたが、全国の大半では部分日食、しかも当日は雨天か曇天との予報で、その日が近づくにつれて熱が冷めていったのは少々淋しいような気もする。札幌では最大50%となるその時刻(11:10)に外に出てみたが、どこに太陽がいるのかさえわからない曇天。心なしか辺りが暗くなっていた気がしないでもないが、それは雲のせいだったに違いない。晴天でモロに皆既日食となればグッと暗くなり気温も下がるらしい。そんな経験をしてみたい気もするが。

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/175-4438fe75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)