FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



ゴミの分別を開始

札幌市では7月1日からゴミの出し方が変わります。「燃やせるゴミ」(=燃やしてしまうゴミ)と「燃やせないゴミ」が有料化されるとともに、その他のものの分類が新しくなります。詳しいことは区役所で配布されている『新ごみ分けガイド』かこちらを見ていただくとしまして、各ご家庭で日常的に最も多く発生するであろう分別のことを少し。

私の家庭のゴミを新しい分別法によって分けてみました。私は以前からゴミの分別が細かくなるのを待ち望んでいたのです。実家がある愛知県の人口数万の町では、ずいぶん前から徹底して細かい分別収集をしていました。昔住んでいた東京都の某市でも紙ゴミなどそれなりに細かかったような気がします。しかし札幌市のような大きな自治体では実施が難しいとされていて、半ば諦めていました。

諦めると取り組みもいい加減になり、なんとなく燃えそうなものは燃えるゴミ、燃えなさそうなものは燃えないゴミ、とテキトーにやっていました。だから面白くもなんともありませんでした。

ところが--新しい分別を実行してみたら実に面白いのです。

まず「燃やせないゴミ」の量の少なさです。以前からそうだったのかも知れませんが、なんとなく燃えなさそうな壊れたプラスチック製品は「燃やせるゴミ」になりますし、かさばってしょうがなかったプラスチック容器は「容器包装プラスチック」に行きます。そうすると、「燃やせないゴミ」となるのは、今回実行してみた限りでは金属製品など本当に微量になってしまいました。収集が4週に1回だというのも頷けます。これなら有料でも全然構わない。

これに関連しまして、一方では「容器包装プラスチック」の量の多さ。現代日本がプラスチックまみれであることが実感できました。「プラ回収」のマークがあれば機械的にここに入れればいいですし、これまで燃えるゴミにしてしまっていたカップ麺の容器とか食料品・菓子の個包装、発泡スチロールなどは全部ここです。これは無料なので積極的に出す気になります。しかも、収集後は油などにリサイクルされるようです。

そして、私が以前から熱望していた「雑がみ」。これまでは燃やすしかなかったもので、ゴミとして出してもずっと後ろめたかったのです。それが嫌で、家の雑がみをまとめて仕事場に運んで、古紙回収の業者さんに持っていってもらったりもしていましたが、面倒なときは燃えるゴミです。正直うんざりしていました。

しかし、この分類ができたおかげでやはり積極的に「雑がみ」として出す気になります。「紙回収」のマークがあるものはここですね。無料ですし、収集後は板紙や固形燃料に変わります。結局燃やすのかとも思いますが、燃料として活用されるなら、ただ焼却するよりよほどいいでしょう。

「燃やせるゴミ」は生ゴミを中心にどうしても発生します。でも、「雑がみ」と「容器包装プラスチック」の分類ができたために、ぐっと減量化できるはずです。「燃やせるゴミ」を出さない努力が苦になりませんし、有料なので努力したくもなる。なかなかうまいシステムではないかと思います。

ゴミの分別というものに興味が湧かない人には辛いシステムかも知れませんが、1軒でも多くの世帯でこの分別が行われて、札幌市のゴミがすっきりしていくのを期待したいと思います。

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/172-740c4d6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)