FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



英語基礎コース

土曜の朝、小学校高学年の生徒を対象に標記のコースを開講して 1 か月。土曜の朝なんぞに生徒が来るものだろうか…と計画段階では不安がありましたが、現在、小5・小6それぞれ若干名の生徒が通っています。時間は英語だけで 90 分。このあと併設の「国語基礎コース」が 90 分あります。

神谷塾の他のコースがそうであるように、英語基礎もまた個別指導が中心。今は、ヘボン式ローマ字と中1文法のワークブックを同時進行でやっています。中1文法のほうでは小テストも始めました。

ただ、ワークブックばかりでは絶対に飽きますし、小学生の子にとっては神谷塾での英語が実質的に英語学習のすべてですから、それではいけません。それで、耳慣らし・口慣らしのために、

1) Oxford Reading Tree (挿絵の豊富な、易しく短い本)を CD に合わせて読んだり
2) See-be の小学英語のコンテンツを使って発音練習やクイズ形式の学習をしたり

で合計 30 分程度をとっています。

このほか生徒には、ワークブックで英語を書く際、手を動かすのと同期させて口も動かすように言っています。ブツブツ言いながら書きなさい。書いたのを見て、発音して、聴いて、手と目と口と耳で憶えるんだ、と。

いろいろ盛り込んで生徒を飽きさせないように心がけていますが、たとえ完璧な授業構成となってもそれがルーチン化すれば飽きるもの。そしてまた、小6終了時までに中1程度の実力を付けてもらうのが目標なので、楽しいだけでもだめなんだよナ、と頭が痛いです。

私にとっては、昨年度までオフだった土曜の朝が日常的に業務時間となり、土曜夜の数理講座の仕込みと相俟ってなかなか忙しい。さらに5月になって朝野球も始まり、土曜の早朝は毎週試合があるので身体もけっこうキツイものがある。

けれども、英語のあとの「国語基礎」と合わせて 言語系ばかり 3 時間というのはなかなか面白いものです。私は言語系が好きなんですよね。また、小学生相手なのが楽しい。そして、わざわざ土曜の朝にやってくるからにはヤル気のある子たちだから、ということもあるでしょうね。

なお、土曜にも仕事をされているご父母様は珍しくありません。それで、昔の土曜の「半ドン」のようにお子さんを塾に預けられるということでも、重宝がられているようです。

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/170-8252ce44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)