FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



高校生の1対1指導

昨年秋から、おもに日曜などの休日を利用して高校生の1対1指導をしています。

少し前までは、平日中学生に混ざって自習してもらい、随時質問してもらってそれに答える、という形式を取っていたのですが、いろいろと難しいことも多かったのです。まず、高校生の側としては質問しづらい。私が中学生の世話で大わらわになっていることが多いので気を遣うということもあるし、質問を切り出すのが億劫だとか、性格がシャイで声を掛けられないということもある。私のほうでは、いざ質問を受けると、素朴な疑問なら即答できるのですが、数学などではまとまった時間が要ります。大問の問5がわからない、という場合は問1から一緒に見なくては私もわからないのですね。

そんなわけで、中学生を今のような「全部見る」スタイルで教えるようになってから、平日に高校生を見てあげるのはきついなーと思っていたのです。

ならば土曜とか日曜に見てあげればいいではないかと今なら考えるのですが、なかなかそういう境地に至れませんでした。率直に、フリーな日がほしかったので…。しかし、不景気・少子化・生き残り…という語句が頭から離れない今日このごろ、そう甘いことも言っていられないなと、徐々に方向転換しました。

もうひとつ、日曜も教えることにしようかという気になったのは、少年野球チームからの長男の卒団が近づいたためです。ここ3年ほど、春から秋までの日曜は終日手伝いをしていましたが、昨シーズンの終わりに向けてチームから手が離れつつありました。来シーズン以降も塁審などの手伝いはすることになりそうではあるものの、これまでのように終日付き合うということはなくなりました。それで、日曜にも数時間仕事をするのは平気だろうと思ったのです。

そういったわけで在籍している高校生に呼びかけて、始めました。日曜のこともあるし、土曜とか、高校の不規則な休日を利用することもあります。いま見ているのは主に高1の子で、中学部からの持ち上がりなのでお互いに気易いといいますか、1対1に抵抗はありません。

およそ週1回というペースで、1週の間に積もりつもった疑問をまとめて相談してもらうという形をとっています。質問が多いのはやはり数学、それから化学。化学ではいま、熱化学方程式を使って生成熱や燃焼熱を求めるあたりが生徒たちは苦しいらしい。(ここは昔から苦手な子が多い)

化学も有機になると私も苦しいのですが、理論や無機であればなんとかなる。といいますか、あまりにスラスラと教えられるよりも、こちらも一緒に考えながらという速さで行く方が理解しやすいようなので、私が苦手意識を持っている科目のほうがむしろうまく教えられるのかも知れません。一方的に教えていると生徒が眠くなるので、2人でそれぞれ一緒に手を動かしながら解説すると良いこともわかりました。

教えられるかどうか自信はないが、いちおうどんな科目でも相談に乗る。内容はだめでも勉強法ならアドバイスできるだろう--と言ってあるので、生徒も慣れてくると何でも持ってくるようになります(笑)。たとえば有機化学とか生物、日本史・世界史、古文といったあたりは私はできれば知らないフリをしていたいのですが、相談されたらひとまず応じる。すると、やってみたらやれないことはなくて、たとえば古文なら文法をおさらいしながらアンチョコなども参照しつつ、どうにか大問ひとつ仕上げることはできるのです。

また、どの科目にも言えることですが、生徒たちは意外なほど易しいところでつまづくもので、そこを手当てしてあげると一気に理解が進むことがあります。いつも中学生に教えていることでカバーできる場面も珍しくありません。「こうすると、あとは中3の問題になる」というような箇所は指摘して、絶好調だった当時を思い出させます。

高校生にもなると多少は大人扱いできるので中学生とは違った楽しさがあり、休日に彼らを1対1で見てあげるのは私にとっても気分の切り替えという効用があるようです。また、苦手科目も積極的に相談に乗ることにしてみると、教えているうちに私も理解が深まり、生徒には感謝される。こんないいことはありません(笑)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/161-4b98cbde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)