FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



6月30日~7月6日

ようやく夏らしくなってきた。このところ生徒が来る時間にはおおむね涼しくなっていたのでクーラーをずっと入れずにいたが、5日(土)は暑くて汗が止まらず、作っている資料の上に汗が落ちそうにもなるので、試運転も兼ねてとうとうクーラーを使う。例年6月下旬に運転開始していたので、少しがんばったといえようか。

6/30(月) ○See-beで地歴講座の練習 ○月例報告

地歴講座 19:35~21:30 【地理】東北地方、【歴史】鎌倉時代(1)、【公民】選挙と政党

7/1(火) ○月例報告の発送

小6の長男が修学旅行へ。1泊2日で層雲峡・旭川。

7/2(水) ○夏期教材の検討と発注 ○数理講座の資料の作成(中3数学)

夏期の教材(中2以下)は、生徒ごとにベストと思われる組合せで用意する。たくさんある中で内容と分量を見極めながら各学年・各教科2~3種類に絞り、一人一人に当てはめていく。実物を見ないと決められないので、いつもの教材会社の閲覧室に2時間ばかりこもってうんうん唸りながらどうにか決めた。早めに生徒に渡して始めさせたいので、発注も急いだ。

朝野球の8試合目は当方の人数が足りず不戦敗。昨年はたびたびこういうことがあったらしいが、今シーズンは初である。せっかく集まったのだからと、相手から1人借りて練習試合をする。相手がよく打つチームで、ちゃんと数えていなかったが1-20くらいで大負けしていたはず。私は内野安打が1本、懸命に走って3塁まで進んだがそこまで。

7/3(木) ○数理講座の資料の作成(中3数学、中1理科)

アルバイトのHくんの初日。卒塾生で要領がわかっているせいもあるが、神谷塾の講師はいきなり仕事に入ってもらう。生徒が解いて出してくる教材に私がマルを付けて見せたり、ヒントの出し方とか、課題の進め方とかを示しておいて、少しずつ任せていく。私とスタッフはいつも至近距離にいるので、何か迷ったら相談してもらえばいいのである。彼は経済学部の学生なので、中2と中3の数学・英語・社会をだんだん預けていくことになる。

前売券を買ってあったので映画『インディ=ジョーンズ』の新作を見に行く。週刊誌であまり期待できないという評を読んでいて、おおむね思ったとおりだったが、ハリソン=フォードが元気なのを確認できただけで十分だと思う。監督がスピルバーグなので無理もないという気もするが、最後にE.T.が出てきたりするのが楽屋オチみたいでいただけない。

午前の上映に余裕で間に合うつもりでクルマで出かけたが、サミット前の交通規制中であるのをうっかり忘れており、都心でまんまと大渋滞にひっかかった。信号が数回変わっても全く進まないという渋滞は札幌では初体験ではなかろうか。そのせいで予定よりも大幅に遅れてしまい、観たのは昼からで、ギリギリで仕事場に戻った。

7/4(金) ○数理講座の資料の作成(中1理科、中3理科)

7/5(土) ○数理講座の資料の作成(中3理科) ○See-beで数理講座の練習

数理講座
18:00~19:30 【中1】理科:圧力
19:45~21:50 【中3】理科:力と運動(3)、数学:平方根(2)


朝野球の9試合目は0-6で負け。なかなか勝てないものである。早く勝たないとシーズンが終わってしまう。この日は相手の投手のコントロールが絶妙で、2ストライクまで追い込まれたあとはスライダーか何かを振らされ、2打席三振。守備はライトで、たまたまいいところに立っていたせいだが、右打者のスライス気味のフライをきっちり捕って「だんだん板についてきたじゃないか」と監督から褒められる。

シーズンが短いのでしょうがないのだが、週に2試合はちょいときついものがある。週1回とか、せめて中5日くらいだといいのだがなあ。

午前はなんとなく余裕があるような気がして(実はそうでもなかった)、映画『ギララの逆襲-洞爺湖サミット危機一髪』を観に行った。この日が全国に先駆けての封切りで、先着百名はギララの小さなフィギュアをもらえる。別にそれが欲しくて行ったのではないが(笑)、最初の上映に間に合った。

中身はといえば、もう期待したとおりのばかばかしさ(笑)。札幌にもよく来ているがまだ見たことがない「コント=ニュースペーパー」の面々の演技も見られて楽しかった。

7/6(日) ○地歴講座の資料の作成(地理・歴史)

夜、例年どおりテニスの全英オープン男子単決勝を見る。一昨年・昨年と同じフェデラー対ナダル。過去2回はフェデラーが勝ったものの、昨年は全体にナダルが押していて、フェデラーは辛勝だった。今度やったらナダルが勝つだろうと思ったものだが、紙一重の差ながらそのとおりとなった。

フェデラー26歳、ナダル22歳で、フェデラーは全盛を過ぎ、もう十分勝っただろうからと、どちらを応援するでもなく見始めた。途中セット0-2とされてから2-2まで盛り返したあたりからフェデラーを応援し始めたが、最終セットでナダルが息を吹き返し、結果は順当。フェデラーは悔しいだろうなあ。

雨で35分遅れて始まったうえ、途中も雨で2度中断。70分と20分だっただろうか、その中断をはさんで試合時間は4時間40分という最長記録。ひとりでよくまあそんなに戦えるものだ。こんな過酷な競技は他にはちょっと思いつかない。テレビで観戦するほうも、空が明るくなるまで付き合うわけなのでタイヘンなのである。

来年からはセンターコートに移動式の屋根が付き、雨での中断はなくなる。もしもフェデラーが雪辱を図るなら、私の意見としてはバックハンドの両手打ちをモノにしろと勧めたい。(そんなことは分かりきっているだろうけれど)ナダルの打球に対してバックが片手打ちではどうしても攻撃的になれない。他の部分はもはや限界まで上手いわけで、何かいじるとしたらそこしかないように思えるのだが。

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/142-9f2c9382
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)