FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



3月3日~3月9日

3/3(月) ○歴史教材の作成 ○See-beで地歴講座の練習

地歴講座 19:35~21:00 【歴史】第一次世界大戦と大正デモクラシー

今回から一問一答形式の用語チェックを付けることにした。これまでは喋りっぱなしにしていて、理解や定着がいまひとつだった気がする。最後に簡単な問題を解かせながら See-be のまとめを再度見せることができるので、なかなかいい具合だ。

3/4(火) ○教材会社へ仕入れに ○確定申告の準備

3/5(水) ○料金システムの改定 ○HPの更新

午前はピアノ。前夜遅くまで残業したせいでレッスン前に練習できず。

ありがたいことに、2007年の売り上げが一定額を超えた。そしてありがたくないことに(笑)、これで晴れて課税業者の仲間入りとなる。アルバイトスタッフを雇ったり See-be を入れたりしているので、創業当時に比べて決して楽になったわけではないのだが、2年後には消費税を納めなくてはならない。--そんなわけで、これまでずっと迷ってきたのだけれど、料金には消費税を加算して申し受けることにした。うちを担当してもらっている税理士さんと長電話した上での結論。結論が出るやいなや料金システムを改定、HPの該当部分を大急ぎで手直し。

3/6(木) ○帳簿の改定

前日に奥歯の詰め物が外れたので、行きつけの歯科医院へ。

帳簿を Excell で作っている。これまで年度ごと(4月~3月)にしていたため確定申告の際に不便だったのを、年ごと(1月~12月)に変えた。たったこれだけのことが意外に面倒。さらにあちこち使い勝手が良くなるようにいじっていたら深夜になってしまった。

3/7(金) ○公立高校入試問題のチェック ○新年度教材の選定

国公立大入試前期日程の合格発表があり、昨年に引き続き北大に1名合格した。大雪で入試が1日延期になり、中止になったその日、いつものように勉強に来た彼である。1日の延期が吉と出るや否やと書いたが、吉と出た。まあ、合格するに十分な実力があったのだと思う。

3/8(土) ○大がかりな清掃 ○理科教材の作成 ○歴史教材の作成

数理講座 19:45~21:25 【中2】理科:化学変化補講(1)、英語:不規則変化型の比較、as +原級+as …の文

理科は、定期試験前に時間がなくて割愛した還元の話と、原子量を求める話。還元は現在の指導要領では中3だが、神谷塾の中3化学はイオンの話に集中するので還元だけ後回しにしている余裕がない。それに、もともと中2で酸化と一緒にやっていたのだし、そうするべきものだろうし、改定される指導要領では再び中2に戻るのである。原子量のほうは完全に指導要領外だが、See-be にそのプログラムが入っているので昨年から使ってみているもの。

3/9(日) ○少年野球チームの役員会 ○歴史教材の作成(持ち帰り)

久しぶりの休日。前夜から頭痛に悩まされて午前は爆睡。受験指導が一段落したということで夕食は外へ中華を食べに出た。私の仕事の「打ち上げ」なのだが、私と家族の食事代の支払いは私がする(笑)。夜、最近我が家で流行っているボードゲーム“Ticket to Ride”で133点を取り圧勝。初めてその名を聞いたときにはビートルズ初期の邦題「涙の乗車券」が思い浮かんだが、調べてみると世界的に有名なゲームらしい。これはボードでないと面白くない。毎週のように家族でやっていると、行ったこともないアメリカの各都市の名が子どもにもお馴染みになり、なんだかアメリカ通のようになってくるから面白い(笑)

家族が寝てから、まだ残る頭痛を気にしつつ歴史教材の作成の続き。

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/126-49dd4dff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)