FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京と大津に在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



2月18日~2月24日

この週はPC関係のチャレンジが2つあり、どちらもほぼ予想したとおりの進捗のしかただった。

2/18(月) ○進学相談会を1件 ○算数教材の作成

レイフ=エスキス著、菅靖彦訳『子どもにいちばん教えたいこと』(草思社)を読了。著者はロサンゼルスの荒れに荒れた(「典型的な」というべきか…)小学校で奇跡的な実践をしている教師。教育というものに希望と勇気を持てる好著だ。

2/19(火) ○駐車場案内図の作成 ○進学相談会を1件 ○小学部で無料体験が3名

この日、私立高校入試のB日程。

午前いっぱいかけて、駐車場の案内図を描いた。これまで手描きのものを使っていたが、出来が良いとは言えなかった。せっかく描画ソフト(「花子」)を持っているのだからきれいなのを作るべきだとずーっと気になっていたのである。気になっていればその気になる日が来るもので、この日の朝、ちょうど予定もないからやってみるかと思い立った。午前いっぱいかければ何かできるだろうと。じっさい、約3時間で想定した通りのものが完成。「花子」は初心者だが、会社員だった十数年前には Mac でかなり複雑な図面を描いていたので、なんとなくいじっているうちに要領がわかったのである。

2/20(水) ○算数教材の作成

午前はピアノ。洗濯物をやっつけながら普段より多めにさらってレッスンへ。A♭とC#のアルペジオ、バイエルのエチュード、ベルティーニのエチュードをまとめて合格する。アルペジオは黒鍵ばかりだったが指の運びは憶えやすかった。白鍵と黒鍵が半々くらいなのがいちばん厄介だ。気分のいいところで、ずっと停滞していたA.ギャニオンの「プロローグ」もメイン部分に入った。

2/21(木) ○進学相談会を1件 ○LAN構築

2/22(金) ○LAN構築のつづき

LANといっても、仕事場の2台のPC(デスクトップとノート)をつないだだけ。デスクトップはネットに接続し、メールやHP、そしてこのブログを書くのに使っている。ノートはネットからは離し、文書の作成や情報の管理に使っている。これまでは2台をつなぐのがなんとなく面倒で、2台のデータのやりとりはフロッピーでやっていた。原始的と笑われようが、私はフロッピーが便利なのである。ただ、PCどうしを直接つなげば作業が楽になるのは理解していたので、思い立ってちょっと本を読んでみた。2日くらいで成功するであろうと見込んで始めたら、その通りになった。

2/23(土) ○個別指導(午後のみ) ○算数教材の作成 ○『神谷塾だより』の編集

2/24(日) ○中3入試直前講習(第6回) ○大がかりな除雪

強力な低気圧が北海道の南東海上に発達して、土曜の夜から大雪。26日の新聞によると、道路で車がまとめて立ち往生したり、飛行機が飛ばないものだから北大はじめ道内の大学の入試が一日延期になったりしている。こうなると降雪もりっぱな災害だ。そろそろ3月だというのに、やってくれるものである。

神谷塾の野ざらしの駐車場は心配したとおりどっさりと重たい雪で埋まった。朝は時間がなかったので車をむりやり突っ込み、生徒を帰してから作業開始。雪の浅い場所へ車を出すのにひと苦労した。日が暮れてたいそう寒く、車4台分のスペースを空ける気力はなく、車2台分空けたところでめげた。自宅前の除雪は、息子たちが戦力になったので楽である。

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/124-14e25315
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)