FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



2月11日~2月17日 ■高校入試はじまる■

私立高校の入試が始まった。この週の木曜に「A日程」、翌週の火曜(明日)に「B日程」の試験。生徒によってはA日程の入試がその子のヤマ場である。生徒本人の意向とは必ずしも一致しないかも知れないのだが、私としてはそこがその子の「本命」であったりもする。そんなわけで何となく落ち着かない週であった。

進学相談会も一段落して余裕が生まれた。寒さがきびしく、またよく雪の降る週で、毎日のように除雪をしていた。

2/11(月) ○理科資料の作成

その日になって祝日であることに気づく。子どもらは例により3連休。神谷塾は平常営業。

16日に学習指導要領の改定がニュースになっていた。数学・理科はおおむね現行のひとつ前の指導要領の様子に戻ることになる。要するに「試しに削ってみてダメだったので元に戻す」ということだから、デタラメもいいところだ。これが行政であろうか。一度緩めたものを元に戻すにはたいへんな労力が要るのである。授業時間数を増やすなら祝日を減らし、さらに土曜の半ドンを復活しなくては無理だと思う。また、小学校で英語などやっている余裕はないはずである。

2/12(火) ○歴史資料の作成

2/13(水) ○理科資料の作成

2/14(木) 【私立高校入試A日程】 ○散髪 ○進学相談会を1件

2/15(金) --夕刻までオフ--

観ようか観まいか迷っていた映画“I AM LEGEND”を観に札幌ファクトリーへ出かけ、ついでにとんかつ屋でランチを食べてきた。映画は遺伝子操作のミスで凶悪化したウィルスで人類がほぼ滅亡、ニューヨークにひとり生き残ったウィルス学者の話。後半はいわゆるゾンビものになっていてまあ平均点というところだったが、無人化したニューヨークでひとり(正確には愛犬とふたり)活動を続ける主人公の様子が非常にうまく描かれている。面白かったのだが、主人公の孤独ぶりがすさまじく、見終わってからも少々後を引いた。なお、無人化したニューヨークには雑草が生い茂り、道路は錆びついた車で埋まり、野生のシカが駆け回っている。これをどうやって撮ったのかと興味津々だったが、パンフによると全部ロケでやったらしい。

2/16(土) ○定期試験対策 ○書店で書籍さがし

栗田哲也『子どもに教えたくなる算数』(講談社現代新書)を読了。

書籍さがしというのは、ちょっと思い立って小学算数の教材を研究してみたくなったので。詳細は改めて書きます。

2/17(日) ○中3入試直前講習(第5回) ○大がかりな清掃 ○算数教材の作成

中3の入試対策も大詰め。バタバタと不安定だった生徒たちの成績もどうやら落ち着いてきた。直前講習もあと2回。

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/122-5b3624ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)