FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京と名古屋に在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



11月12日~11月18日 ■冬到来■

予報通り、15日(木)に平野部では初めての積雪。同時にこの日からぐっと寒くなった。18日(日)には本格的な雪が降り、景色が一変した。寒さや積雪への対策をしつつ、年末にかけての仕事の山を少しずつこなしていく。ただし、仕事の山も気になるが、いちばん気をつけなくてはならないのは体調だ。体力を維持して風邪を引かないように。

11/12(月)
午前は整体へ。午後は冬期講習の計画の続き。

11/13(火)
理科の資料の作成を再開する。そのほか、高校数学のおさらいなど。

11/14(水)
この日は夕刻までオフにして、ある映画のリバイバル上映を観に行く。
宮崎駿の代表作のひとつで、私が高校2年だった1979年の冬に上映されるや、たちまち夢中になった作品。その後テレビ放映が何度もあったし、DVDも持っているが、映画館のスクリーンで観る機会はもうないかも知れぬと思い、いそいそと出かけたのである。
じっさい、大画面で観ると迫力が段違い。青春の一コマが蘇り、何か所かで泣けてしまった。この作品を見て泣いたのはたぶん初めて。
高2の当時は小遣いをはたいて何度も見に行き、すべてのセリフをそらんじられるほどのめりこんだものである。生涯の一本を選ぶとしたら、私の場合は絶対にこれ。

11/15(木)
古紙を回収に出す。ここ数年、3月に1年分まとめて出していたが、いつもすごい量になって大変な思いをするし、すでに私の仕事スペースのあちこちに古紙の入った段ボールの山ができていて狭くてしょうがなかったので、半年分を出してしまうことにした。
夜、私立高の受験先の選定に迷っている中3女子と懇談。

11/16(金)
もう暖かくはならないだろうとのいい加減な見通しにより、午前は車のタイヤ交換をする。
午後は冬期講習の計画の続き。

11/17(土)
生徒の定期試験対策をしながら、冬期講習の計画の仕上げや、『神谷塾だより』の原稿書き、年賀状の文面の作成など。生徒が帰ってからHPの更新。
帰宅、夕食ののち、息子たちと久しぶりに「たたかい」ごっこをする。布団の上で投げワザを仕掛けたりチョップやキックの真似事をするのだ。長男がヨチヨチ歩きの頃からずっとやっている遊びで、私はもっぱら息子たちを捕まえてはバックドロップやブレーンバスターで投げるのだが、最近長男は体重が増えて投げづらくなり、少林寺拳法を習っている次男は足グセが悪くなり、と、ちょっと油断すると顔面をどこかにぶつけたり歯を折ったりという可能性が出てきた。真剣にやらないと彼らも私も危ないのである。息子たちの大好きな遊びなのだが、そろそろ内容を見直さなくてはならないかもと思い、少々淋しい。

11/18(日)
天気が悪いのと、たまたま一家全員何も用事がなかったのとで、一日中家にいてユルユルと過ごす。私はルーチンとなっている洗濯や片づけのほか、車のガラスとドアゴムの凍結対策をしたり、年賀状の住所録を直したり。昼食のあとには珍しく家族でボードゲームなど。どこにも出かけなければいろんなことができるものである。

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/107-dfb528d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)