FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



11月5日~11日 ■少しずつ冬支度■

だんだん年末が迫ってくる。12月はまた物凄く忙しくなりそうなので、ひどいことにならないように前倒しで仕事を進めたい。とはいうものの、まだ時間があると思っているうちはなかなかはかどらない。切羽詰まらないとエンジンがかからないものである。きっとまた「おろかな日々」を迎えるような気がする(苦笑)

11/5(月)
車検の関係で、朝一番で車の工場へ。
冬期講習の日程を組み始める。この冬期講習では、中3はいつもの方式だが、中2と中1は一斉指導はほどほどにして「個別指導+テストゼミ」という形式をとってみることにした。一斉指導をしようとすると、限られた時間で多くのことをしようとするためにどうしても詰め込みになり、しかも詰め込んだつもりでも生徒の頭には期待したほどは定着しない、ということがわかってきたためである。
個別であれば時間に融通がきき、生徒の学力に応じて教材を調節することもでき、学校のちがいによる理科・社会の進度のちがいにも対応できる。塾外の生徒にも普段のスタイルを体験してもらえる。テストゼミでは、毎日1教科のテストをして終わったらすぐ解説をするので、生徒の記憶の生々しい状態で効果的に教えることができそうである。

11/6(火)
冬期講習の計画の続き。
夜は前から問い合わせのあった高1の男子が無料体験に。

11/7(水)
午前はピアノ。最近スケールをひととおり終えたので、次は各調性のアルペジオの練習に入る。この日はハ長調・ハ短調とヘ長調・ヘ短調を終了。
夜は新規問い合わせの高1女子が無料体験に。

11/8(木)
なんとなく雑用をしているうちに夕刻となり、生徒が来始める。この日は小学生が多くて、ぐったりとくたびれた。
夜は前日とは別の高1女子が無料体験に。高1の無料体験ラッシュである。そろそろ数学や化学などが難しくなり始め、月末には定期試験も近づいている、という時期であるからだろう。
高1は受け入れ態勢に余裕があるので、どんどん来ていただきたい。

11/9(金)
以前からクルマのオーディオの調子が悪くなり、半年ほど前にはついに何も聴けなくなってしまっていた。機械は15年ほど前のものなので、修理よりは新調したほうがいいですよとクルマの営業氏に言われていた。そのままずっと我慢していたのだが、半年我慢したのだからもういいだろうと、午前のうちにカー用品店に出かける。FMとAMとCDが聴ければあとは何もいらない、という探し方をしたら、安いのがすぐ見つかった。その場で取り付けてもらい、久しぶりに車内でラジオを聴きながら、いつもの教材会社へ仕入れに行く。

11/10(土)
冬期講習の計画の続きをしながら、中学生の定期試験対策。生徒数の多いK中学は試験が終わったので、ずいぶん楽になった。夜は早めに帰って、家族と一緒に夕食。

11/11(日)
息子たちの小学校の学習発表会を観に、夫婦で出かける。
小5の長男は劇中劇の『蜘蛛の糸』のカンダタ。稽古中に思いついたというギャグが受けていたのと、悪人ぶりが板に付いたセリフ回しに感心する。親の知らないところでいろんなことを憶えるものである(笑)。
小3の次男はペルシャの古典的な盗賊団の一員で、私のお古の頭巾を巻いて登場。長男と対照的にセリフは少ないが面白い役だった。

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/106-f2fe025e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)