FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



10月22日~28日 ■大学受験生と作戦会議■

作戦会議とは、主に国公立大学を受験する高3生ひとりひとりと、センター試験で何点、個別(二次)試験で何点を狙うか、あるいは取らねばならないか、という目標点を、模試の結果などを基にして試算するのである。余裕シャクシャクという生徒もいないではないが、普通は
「二次でこのくらいしか取れそうにないとしたら、センターでもっと取らなくてはね。では、どの科目の点を増やせるだろう?…」
という話になる。

中学生の定期試験が近づいてきた。試験を受ける彼らには忙しく勉強してもらわねばならないが、私はそのお膳立てをするだけで、かえってふだんよりも忙しくない。数理講座や地歴講座を休講にするためである。

もともと平常から実戦的に勉強させているので、すわテストだといって大騒ぎすることもないわけである。土曜日には定期試験対策と銘打って勉強に来させるものの、基本的にはふだんとやることは同じ。試験範囲の勉強の完成に専念させる。私はサポート役である。

10/22(月)
朝からSee-beで地歴講座の練習。あとは『神谷塾だより』の原稿。

19:35~20:40 【歴史】近代ヨーロッパへの歩み/安土桃山時代

22:00から高3の作戦会議。この日は看護学部志望の女子。(以下、25日まで続く)

10/23(火)
『神谷塾だより』を発行、同時にHPの記事を更新。
高3作戦会議は経済学部志望の女子。

10/24(水)
車を修理に出すため、朝一番で工場へ。そのまま預かってもらい、代車を借りて帰る。私の車は小型のステーションワゴンで、この日用意された代車は普通のセダン。ふだん乗らないタイプの車を運転できるので、代車を借りたりレンタカーを借りたりするのが好きである。
車を仕事場に置いて、前回書いた「湯川&朝永展」に出かける。
高3作戦会議は経済学部志望の男子。

10/25(木)
前日に引き続き良い天気。実物を見たい本があったので、ドライブを兼ねて、久しぶりに「コーチャン=フォー ミュンヘン大橋店」へ。藻岩山の紅葉が見事だった。
実物を確認して、すぐに欲しいものではないと思い、本は買わず。代わりに、前から欲しかった KUWATA BAND のCDを買って帰る。
高3作戦会議は工学部志望の男子。これにて一旦終了。
打ち上げを兼ねて、久しぶりにカラオケボックスへ行く。ウーロン茶一杯で午前4時まで、「新曲」の練習を兼ねて約3時間熱唱。

10/26(金)
ドライブに行ったりカラオケに行ったりと遊んでばかりだが、ずっと忙しかったからいいのである。この日は映画を見に行く。
懐かしのジョン=トラボルタが主人公の<母親>役で出ているという『ヘアスプレー』。ふだん全く見ないミュージカルものだが、トラボルタがファットスーツ(おデブに見せる着ぐるみ)を着て女装し、それで軽快に踊るということだったので、怖いもの見たさ(笑)である。
舞台は1962年のボルチモア。基本はコメディーだが、話の展開上重要なのは黒人をはじめとするマイノリティ(おデブも含まれる)への差別の克服。意外にも真面目なテーマを抱えた作品なのだった。

10/27(土)
朝から夕方まで定期試験対策でフリータイム個別指導。
久しぶりに午後6時に帰宅、プロ野球の日本シリーズを見る。昨年は札幌ドームの入場券を入手しようと努力したが、今年は最初からテレビ観戦と決めた。
結果は1-3で日ハム。中日先発の川上は、セギノールへの1球だけが良くなかった。それで3ランを浴びた以外はほとんど完璧なピッチング。中日のほうがヒットは多く、相手がダルビッシュだったことを考えれば上出来だったと言うべきか。

10/28(日)
朝から少年野球に付き合う。雨で寒かった先週とは大違いの、雲一つない暖かな晴天。午前に練習、場所を変えて午後に1試合。格上の相手だったが、先攻で7回表まで3-1でリードしていた。その裏に無死の走者を出し、続けて同点のランナーを出し、思ったとおり同点にされる。さらにサヨナラのランナーまで出したが、そこまででくい止めた。結局引き分け。
以前ならあっけなくサヨナラ負けを喫しているところだが、同点になったところで踏ん張ってアウトを取って行った。強くなったのである。
日本シリーズは8-1で中日。中日は良く打ったし、先発の中田も、守備や走塁も好調。失点はこの日もセギノールの1発だけ。いい感じで名古屋へ帰れるのである。

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/103-ecf1826d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)