FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京と大津に在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



ごあいさつ+4種類のペン

はじめまして。札幌で神谷塾という学習塾をやっています。これまでホームページにはわりあいかちっとした記事を書いて来ましたが、もう少しざっくばらんに、多くの中高生やお母様・お父様がたのお役に立つ情報を発信したいと思いまして、ブログに挑戦することにいたしました。ネットの海のモクズと消えないように、力を入れていきたいと思います。

神谷塾は、塾長・神谷がほぼひとりですべての生徒に対応するシステムです。小・中・高とそれぞれ十数名ずつの生徒がおりまして、中学生は神谷がひとりで、小学生は妻と二人で、高校生は学生講師と二人で見ています。小学生は算数中心に、中学生は5教科、高校生は数学・英語・理科を中心に教えています。小・中・高生の勉強にまつわること全般を守備範囲にしているつもりですので、もしも読者の方からのご相談があれば、できるだけお応えしていきたいとも思っています。(ホームページにもぜひお越しくださいね)

ではこのへんで、小学生のお子さんをお持ちの方に、ちょっとしたご提案をしてみたいと思います。

ご家庭で、お子さんにワークブックなどさせている方は大勢おられると思います。その答合わせ(マル付け)は、どうなさっておられるでしょう。お子さんに解答を預けて、自分でマルをつけさせていますか?

高学年になるにつれてだんだんそうなっていくものだと思いますが、せめて小学生のうちだけでも、たとえば算数だけでも、お母様かお父様の手でマルを付けてあげてはいかがでしょうか。自分で解答を見ることにしていると、正解できているものはいいのですが、間違えたものも正解が目に入ってしまいますね。でも、本当はすぐに正解を見ないほうがいいでしょう。ですから、まず「この問題は正解してないよ」とだけ示して、お子さんが自力で正解に辿り着くまで何度も見てあげるのです。2度目で正解できればOK。そうでなければ、一緒に考えてあげるか、またはヒントをちょっとずつ出していきます。(神谷塾の個別指導では、中学生までの数学・英語などではこの方式で学習させています)

次にマルを付けてあげる際のペンですが、「神谷塾式」では4種類用意します。赤色の細いペン赤色の太いペン青色の細いペン青色の太いペン。最初は「赤細」でマルとバツを付け、お子さんが自力で直した2度目は「赤太」でマルとバツ。ヒントを出したあとは「青細」でマルとバツ、それでも解けなかったものには、最後に「青太」でマルを付けます。「赤細」か「赤太」のマルが付いているものは、自力で正解に至ったものですから、まず大丈夫でしょう。「青細」と「青太」のものは、そのときは自力ではよくできなかったものなのですから、あとでしっかり復習したほうがいいですね。

ぜひお試しになってみてください。夜遅くまでお勤めされている方であれば、ワークをご自分の机か食卓に置いておくようお子さんに言っておいて、帰宅されたらその日勉強した分を見てあげるのです。お忙しい方でもきっとできますよ。私も毎日深夜に帰宅ですが、この方法で小学生の息子の算数を見ています。

テーマ:勉強法 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

テクニカルライターMさん、早速のご来訪ありがとうございました。

お子さんと勉強していて、もしも何か疑問など発生しましたら、「これについて書いてくれ」とリクエストしてくださいね。それをネタに何回か行けると思うので(笑)

記事はマメに書きながら、体裁もちょこちょこといじっていきたいと思います。他のブログの使い勝手はわかりませんが、FC2はなかなか快適ですよ。
【2006/06/24 12:12】 URL | 神谷@管理人 #-[ 編集]

ブログ開設、おめでとうございます!
きれいなテンプレートもいいですね~
うちもFC2に乗り換えようかな...

神谷塾式ペン、試してみます。

なかなか勉強をみてあげる時間がとれないの
ですが...

ではでは、これからも楽しみにしています。
【2006/06/23 19:01】 URL | テクニカルライターM #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kamiyazyuku.blog72.fc2.com/tb.php/1-90a20b12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)