FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京と名古屋に在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



洋楽のすすめ(35) JOHN LENNON : WOMAN

(2020年6月8日発行の『神谷塾だより』に掲載したものに加筆しました)

John

今年はジョン=レノン没後40周年・生誕80周年に当たる。邦題「ウーマン」は1980年11月発売のアルバム『ダブル=ファンタジー』に収録の楽曲で、レノンが凶弾に倒れたのは翌12月であった。当時40歳。自分がその年齢をはるかに通り過ぎてみると、その若さがひたすら痛ましく思える。

作詞・作曲はレノン。表題通り世の女性たちに向けたものだが、直接には妻・小野洋子に宛てたラブソングである。後半では「男はいつまでも幼い」「悲しませるつもりはなかった」などと言っているので、己れの過去の不甲斐なさを詫びている所もあるような。

なお、たびたび書いているがwomanの発音はウマン。この語は歌の中では女性への呼びかけになっている。

For the other half of the sky

(女性たちが見る)空の半分のために

Woman, I can hardly express
My mixed emotions at my thoughtlessness
After all I'm forever in your debt
And woman, I will try to express
My inner feelings and thankfulness
For showing me the meaning of success 

ねえ うまく表現できそうもないけど 僕の複雑な感情を 軽々しくは
だって 僕は君のおかげで生きていられるんだから 永遠に
ねえ それでもなんとか表現してみるよ 僕の内にある愛情と
成功の本当の意味を教えてくれたことへの感謝の念を

Woman, I know you understand
The little child inside of the man
Please remember my life is in your hands
And woman, hold me close to your heart
However distant don't keep us apart
After all it is written in the stars

ねえ わかるよね 男の中には幼い子どもがいる
忘れないでほしい 僕の人生は君の手の中にある
ねえ 抱き寄せておくれ 君の心にぴったりと
どんなに遠く隔たっても 僕らの心を離さないで
だって それは遠い昔から決まっていることだから

Woman, please let me explain
I never meant to cause you sorrow or pain
So let me tell you again and again and again
I love you now and forever

ねえ 説明させてほしい 君に悲しみや痛みを与える気などなかった
だから何度でも説明させてほしい
愛しているよ 今も いつまでも

hardly は can に伴って「ほとんど~ない」。
thoughtlessness は「不注意,軽率」。(そんな熟語はないのだろうが) at (人)'s thoughtlessness で「不注意にも」「軽々しく」といった意味であろうと解釈した。
after all は「そもそも」「なにしろ」。 debt は「借金」または「恩義」。
for 以下は前行の thankfulness に係る。
however は「どんなに…でも」。 distant の後に we may be を補う。
it 以下を直訳すると「それは星々の間に書かれている」。自然の摂理として、自分たちが生まれる前から、自分たちが生まれる前から決まっていたことだ、という意味であろう。
cause (人) (事) で「(人)に(事)をもたらす」。

演奏(音だけ)はたとえばこちらに。レノン本人の演奏の動画は見つからない。