FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京と大津に在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



10月のあれこれ

中学生は中3の模試があるほかはほぼ平和な10月。気候が良くなり、連休があり、学校祭が終わったかと思うと今度は合唱コンクールの練習が始まったりして授業はあまり前に進まない。「平和」に乗じて勉強を前に進ませようとする当方の思惑と裏腹に、生徒はあまりノッてこないのが頭の痛いところ。個人的なイベントもなくひたすら教える日々。こういう時期、オーケストラかバンドでもやっていてその本番が混ざっているとメリハリが効いていいのだが。

6日(土)・20日(土) 理科講座。
第17回 【中3地学】季節の変化 【中1生物】植物の分類
第18回 【中3地学】太陽系 【中2地学】空気中の水蒸気

中1生物「植物の分類」では今年度よりコケ植物・シダ植物が復活して、旧々カリキュラムにあった「藻類」の扱いが変化。もともとコンブやワカメからクロレラみたいなものまで含む「藻類」という括りが相当に時代遅れらしいのだが、東京書籍と啓林館の教科書では「植物の分類」の発展内容として扱い、それぞれ「植物とは異なるグループ」「植物ではない」と記載。さて神谷塾ではどうすべきかと思案していたが、結局「植物とは異なるグループだが」と断った上で、葉緑体をもち光合成をする「植物に近い仲間」として従来通りきっちり教えることにする。なにしろ地球に酸素をもたらしたのはこのグループの祖先なのであるから。

1日(月)・15(月)・22日(月) 地歴講座。
第15回 【地理】近畿地方 【歴史Ⅰ】室町時代(1) 【公民】市場経済の諸問題
第16回 【地理】ロシアと周辺諸国 【歴史Ⅰ】室町時代(2) 【公民】金融のしくみとはたらき
第17回 【地理】中部地方 【歴史Ⅱ】自由民権運動 【公民】労働者の権利と保障

7日(日)・14日(日)・21日(日) 中3秋期講習。
第6回 講義 【数学】図形の相似① 【英語】関係代名詞 // 学力B対策模試の解説
第7回 講義 【数学】図形の相似② 【英語】総合演習① 【理科】地球と宇宙①
第8回 講義 【数学】相似と計量/標本調査 【英語】総合演習② 【理科】地球と宇宙②


某日 映画『卒業』を観る(「午前十時の映画祭」)。1967年アメリカ。無名だったダスティン=ホフマンの出世作。教会で花嫁を奪って逃走するシーンなど“恋愛映画”として有名だが、いわゆるアメリカン=ニュー=シネマ(ベトナム戦争を背景とする若者の国への不信感から生じる無気力・ドラッグ・人種差別・暴力などアメリカの負の部分に焦点を合わせた)でもあって後味が良くはない。
主人公ベンジャミン(ホフマン)の両親は裕福な実業家。彼はコロンビア大学を卒業後、働くでもなく進学するでもない無為な日々を送り、父親の共同経営者であるロビンソン氏の夫人との愛欲にのめり込む。やがてその娘のエレーンに惚れて結婚式の場から彼女を奪ってバスで逃げるのだが、彼らの人生がこの先うまく行くとは到底思えず、暗澹たる気分にさせられる。中学生のときだったかテレビで観たときはそうでもなかったが、人生なるものが多少はわかってしまった今になっては「後味が良くはない」。
後味が悪いもうひとつの理由は、主人公ベンのロクデナシぶりが10代後半から20代前半にかけての我が身のロクデナシぶりを彷彿とさせるものがあり、わが両親に対して「すまなかった」「もう少しなんとかできたはずだった」「きっとイライラしていたであろう」…と、映画を観ている間じゅう後悔の念・自責の念に苛まれたことである。もちろん私はベンとは違って実家にはプールも自分専用のスポーツカーもなく、愛欲の手ほどきをしてくれる妖艶な熟女もいなかったのだが(笑)。愚かだった我が身のことを思い出させてくれるという点では私にとってかけがえのない名作であろうか。でももう死ぬまで観なくていい気がする。
本作は主題曲「サウンド=オブ=サイレンス」のほか「ミセス=ロビンソン」「スカボロー=フェア」などサイモン&ガーファンクルの音楽が美しい。観ているうちに中高生のころS&Gの曲をギターでよく練習していたことも思い出した。ギターにのめりこんでいたという点でもロクデナシであったか(笑)