FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京と大津に在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



9月1日~9月15日


某日 教室の窓に看板代わりに貼ってあったシールが老朽化して見苦しいので、新調することに。前に貼ったのが2003年の夏。耐用年数は5年程度だということなので良くもったほうである。「神谷塾」の文字色をやや明るめのグリーンに変え、太さもいくぶん細めに(最近のトレンドだとのこと)。背景色の白も少し青みがかったお洒落な白に変えた。貼り替えの作業に午前いっぱいかかるので、それを見守りつつ私は教室の大掃除をする。

某日 北海高校の、毎年恒例の塾屋向け説明会へ。

某日 地歴講座の第13回。
   地理「北海道地方」/歴史「鎖国の完成と幕府政治の移り変わり」

某日 理科講座の第12回。
   中1「光合成と呼吸」「根・茎のつくりと蒸散」/中2「消化と吸収」

某日 理科講座の第13回。
   中3「酸とアルカリ」/中2「肺・肝臓・腎臓」

某日 6月に老犬が死んで2か月半。しばらく犬のいない暮らしをしていたが、7月半ばに次の犬の話が出始め、8月の下旬には一家でペット屋に赴いた。家族全員、犬がいないと淋しいのである。特に熱心だった妻と次男が候補を絞り、9月に入るともう買わずにはいられないという状態に。そしてこの日、とうとう2代目の犬がやってきた。当初は犬なしで年を越して1月か2月からという計画だったのである。前倒しも甚だしい(笑)
 前の犬が雑種だったのに対し、今回はいわゆるゴールデン=レトリバーというやつである。生後3か月のメス。誕生直後は高価で十数万円もするが、売れ残る気配が濃厚になるにつれだんだん安くなり、3か月ではぐっと手ごろ。成犬になると20kg強になるはずで、現在は子犬のくせに既に11kgあり、抱くと十分重い。前の犬は40kgの大型で、足腰立たなくなったときに担ぎ上げるのが大変だった。老犬になったときのことを考え、大人ひとりの力で運べるサイズのやつにしたわけである。それなら小型犬にすればいいようなものだが、家族の誰も小型犬には見向きもしなかった。
 いたずらなのか愛情表現なのか歯が「いずい」のか、よく噛んでくる。最初は両腕とも噛みあとだらけになった。前の犬は決して噛んでこないやつだったので、犬というのはこんなに噛むものなのかと新鮮である。(ただし噛まれるままにしていてはだめで、噛まないようにしつけをしなくてはならない)

某日 ひるめしを食べに出た帰路、風が急にひんやりと涼しくなっているのに気づく。陽光はまだぎらぎらと厳しいが、ようやく秋の気配。エル=ニーニョとラ=ニーニャと偏西風蛇行と都市のヒートアイランド化のせいでとんでもない暑さであったが、その夏ももう終わるのかと思うとなぜか名残惜しい。


8月16日~8月31日

8月の下旬に一瞬涼しくなって、やれやれと油断していたら、その後に札幌では経験したことのない残暑。いちど気を緩めたせいでこれが余計に応えて、身体の芯もアタマの芯もブワ~ンと痺れたようになっていた。ある日の昼寝の最中には珍しい悪夢?まで見たものである。教室の床いちめんに大小の蛾の死骸が落ちているのだ。「きっと生徒が嫌がるだろうなあ」と思い、掃除機で全部吸い込んでしまおう!としたところで目が覚めた。小学生の指導のため来ていた妻に「蛾はどうしたんだろ?」と寝ぼけたことを言い、そこで夢であったとわかる。妻に説明すると爆笑され、麻薬中毒の禁断症状にそんなのがあったはずだ、と言われた。残暑は自分で思う以上に負担になっていたようである。

某日 短いお盆休みを終えて、通常の指導を再開。高校の同窓会のため夏期講習を終えるや否やろくに片付けもしないで帰省したため、普段ならこのお盆休みにするはずの仕事がごっそり残っていて、この日はとんでもない忙しさ。新規生のお母さんとの面談プラス教材の仕入れもあって、キリキリと目まぐるしかった。

某日 札幌第一高校の、毎年恒例の塾屋向け説明会へ。

某日 地歴講座の第11回。
   地理「関東地方」/歴史「武士の全国統一~安土桃山時代~」

某日 地歴講座の第12回。
   地理「東北地方」/歴史「江戸幕府の成立」

某日 理科講座の第11回。
   中3「イオン化傾向と化学電池」「電気分解のしくみ(2)」
   中2「刺激と反応~感覚器官と神経系~」


某日 次男と一緒に映画『ベスト・キッド』を観る。主演のジェイデン=スミス(ウィル=スミスの息子)が絶賛を浴びているが、私はなつかしのジャッキー=チェンが目当て。今回は指導者役なのでアクションは少なかったものの、カンフー使いの少年数名を相手に「戦わずして」撃退するところは見応えがあった。ユナイテッド=シネマ札幌では吹替版しかやってなくて、それはそれで悪くなかったが、本物の声が聞けずじまいだったのが残念。