FC2ブログ
神谷塾的勉強と受験と子どもの教育
札幌で学習塾を営む神谷が、日々生徒と接しながら考えたことをつづります。  おすすめの勉強法や高校・大学受験、教育全般に関する話題を書いていきます。  ★コメントには必ずお返事します★

プロフィール

神谷英樹

Author:神谷英樹
1962年、愛知県知多郡に生まれる。
1981年、愛知県立半田高校を卒業。
1983年、予定外の2年の浪人生活を終えて北海道大学に入学。
1988年、北海道大学理学部地球物理学科を卒業、地質コンサルタント会社に入社。浦和市(当時)にあった研究所に勤務。
1995年、どうしても北海道に戻りたくなってその会社を退職。札幌市内の学習塾で講師の職を得る。
2001年、独立開業。屋号を神谷塾とする。
家族は妻と大型犬1頭。息子2人は東京と大津に在住。趣味は物理と化学と野球とギターとベース。



カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メールはお気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



高校進学後のことも考えましょう

〔神谷塾HPの「メッセージ」欄、中学生のご父母向けに以下の記事を書きましたので、ここにもアップしておきます〕

 

まずは上の写真2枚をご覧になってください。左は私(神谷)が中学高校6年間(1975年度~1980年度)に使った数学の教科書です。右は現行指導要領下での中学高校6年間の数学の教科書の例で、中学のはいま改訂されてサイズが大きくなっていますが、厚みはそんなに変わっていません。現行では文系ではⅡBまで、理系ではⅢCまで履修するのが普通であるように、昔もⅢまでやったのは理系に限られます。

昔は中学数学の分量が多く、教科書のページ数として6年間全体の半分を超えていました。これを3年間でやり、残り半分弱を高校の3年間でやった。その半分弱にあたる高校数学も、ⅡBとⅢの中には入試に出ないからという理由でやらない部分が少しありました。

今は中学数学の分量が非常に少なく、6年間全体の3分の1くらいです。これに高校数学のⅠとAを合わせると、全体の半分くらいになるでしょうか。高校数学のBとCはそれぞれの3分の1くらいは入試に出ないということでやらない高校が多いので、中学数学+高校数学ⅠAで昔ふうのバランスになる、と考えていいでしょう。

私は、中学数学はまあ平気だったのですが、高校数学は決して楽なものではなく、結局やり残しました。つまり現役での大学受験には間に合わなかった(笑)。分量としては今の高校数学よりも少なく、土曜日にも毎週半ドンで授業があり、今からすれば授業時間数がたっぷりあった時代です。それでも終わらせることはできませんでした。私より1学年上にあたる和田秀樹氏によると、当時の灘中・灘高では、中学数学を1年でやり、高校数学に4年かけて、最後の1年を入試対策に充てていたらしい。高校数学の質・量に圧倒されていた身としては、灘中高のカリキュラムが非常に合理的であったように思えます。現在の私立の中高一貫校では最初の2年で中学数学をやり、中3から高校数学に入るところがほとんどです。それは先の灘中高の例と同じで、最後の1年を入試対策に充てるという作戦だけではなく、高校数学を余裕を持って学ぶにはそれが合理的だからでしょう。

さて、今の公立中学の生徒の多くは中学数学を3年間でやり、高校に進学してから高校数学に取りかかるでしょう。学校ではそうやって履修するように決められていますし、高校受験のための塾ではそれが普通だと思います。でも、それでいいのでしょうか。同じ3年間ずつで学ぶはずなのに、高校数学は中学数学の正味2倍ほどの量があります。質だって格段に難しくなる。中学時代に中学数学だけをやっていたのでは、高校進学後に地獄が待っていると言っても過言ではないでしょう。中学数学の範囲内でどんなにハイレベルのことをやっていても、高校数学をやっていく上ではあまり役に立ちません。だから、高校入試までは優秀だとしても、その後も優秀でいける保証はありません。

ではどうすべきかと言いますと、話は簡単で、中学のうちに高校数学のせめてⅠを、できればⅠとAを、ひととおりやっておくといいのです。教科書と教科書ガイドの組合せでもいいし、あるいは数研出版の『チャート式』の「白」が易しくて丁寧なのでお勧めです。そのレベルが通過できていれば十分で、深めるのは高校進学後にじっくりやればいい。そのためにも、中学数学はどんどん、ちょうど中高一貫私立の子らがやっているのと同じペースで進めて、中3になるまでに終わらせるのです。自主的に先取りしていく勉強はたぶん快適で、学校の授業は常に復習となっていますから当然よくわかります。

高校数学Ⅰには中3数学の発展したものが多く、不等式などはかつて中2でやっていた内容です。Aで難しいのは場合の数とか平面幾何ですが、これも中学数学の延長にある。これらをやっていると、中学数学に対する見晴らしがぐっと良くなること間違いありません。--ということは、高校数学のⅠやAを勉強しているということは、高校進学後に向けての“貯金”を着々と進めているという気分的優位さを得られるばかりでなく、高校入試に向けても必ずや有利になるはずなのです。

もともと数学は授業を受けただけでモノになるわけではなく、逆に独力でもかなりのところまで到達できる教科です。数学の好きな人も、そうでない人も、今日から実行してみませんか。



生徒が書いたものを教師がチェックする必要

〔神谷塾HPの「メッセージ」欄、中学生のご父母向けに以下の記事を書きましたので、ここにもアップしておきます〕

神谷塾の小学部・中学部の「個別指導」では、生徒がワークブックで自習し、それに教師がマル・バツをつけ、バツのものは正解になるまで直す--という形式です。1回目はノーヒントで返し、それで直ればOK、直らなければ適宜ヒントを与えて、いよいよ厳しいときは全体の筋を示して、一応は自分で正解を書かせます。

答の正誤を知るだけなら、正解を渡しておけば生徒が自分でやるのではないか。それを教師がやってやる必要があるのか--という声をいただくことがありますし、私(神谷)もかつてはそう思っていて、神谷塾を始めた当初は生徒に任せきりにしていたこともあるのです。が、それではダメなんだと、そのうち気づきました。

私が雇われて教師の仕事を始めたある塾でも、毎回の小テストを回収してチェックすると、それは宝の山でした。完全に誤解している例、文字を間違えている例など、およそありがちな間違いのパターンのすべてがそこにあった気がします。それを、小テストだけでなく、生徒が書くものおよそすべてをチェックしようではないか--と今、やっているのです。中2の後半とか中3になってその子の仕事の質が信用できるレベルで安定してくると、社会科などは答合わせまでその子に全部預けることはありますが。

教師がマル付けをしてやることの効用の筆頭は、自分で正解を見ずに済む、ということでしょう。せっかく間違えて、それを修正するチャンスを得たというのに、正解を自分で見てしまったらそれきりです。そんなもったいないことはありませんね。

さて、私とかスタッフが、答の正誤以外に何を見ているかといいますと--

○文字が間違っていれば直させる。漢字で書くべきところを仮名で書いているものは漢字で書かせる。文字の形がおかしいものは直させる。必要最低限の綺麗さで書けない子には私が赤字で書いたものをなぞらせる。(文字の品質の基準は私の目です。いちおう教師としては標準だと自分では思っています)

○算数・数学の途中の式。やろうとしていることは合っていても、式の続け方が間違っていたり、負の数をカッコに入れるべきところで裸であったり、書くべき等号(=)が書いてなかったり、書いてはいけないところに等号が書いてあったりすれば、直させる。暗算でやるべきではないところを暗算でしていれば注意し、暗算でいけるところを筆算していたりすればやはり注意する。

○数学の証明の筋と文言。筋が通っていないのはもちろん誤り。(どこで教わってくるのか)ヘンな日本語を遣っているときは直させる。できるだけオーソドックスな数学作文ができるように。

○英語の文字。英語の苦手な生徒は十中八九文字がダメである。書けないか、書けてはいても読めない。あるいは英文がグニャグニャと波打っていて、読んでいると船酔いしたような気分になる(笑)。それを漢字や仮名と同様に直させる。驚くべきことに、英語が苦手だといって通い始める子のうち、かなりの割合が文字を直させるだけで成績が向上する。(“神谷再生工場”と自称しています)

○理科・社会の、正解が複数あるような用語問題や記述問題の正否。これらは、生徒が自分では判断ができないことが多い。例としては、たとえば有名なアンモニアの噴水実験で、「噴水が起こった理由」は「アンモニアが水に溶けやすいから」のみで、これに「空気より軽い」とか「水溶液がアルカリ性」を一緒に書くとバツ(ちなみに、「アンモニアの水溶液がアルカリ性」「アンモニアが水に溶けるとアルカリ性を示す」は正しいが「アンモニアはアルカリ性」はバツ)。理科では、それを書かなくてはいけないとか、それを書いてはいけないとか、いろいろと正解要件のうるさい記述問題が多い。私も指導していて時々うんざりします(笑)

--とまあ、思いつくままに書きました。こういったことを日常的に指摘されては直すという作業を続けるので、実は、神谷塾では日々これテスト対策。実戦的なのです。最終的には入試の採点者に読んでもらえるものを書くために、きわめて有効な指導方法ではないでしょうか。

私も執念深いといいますか、しつこいので(笑)、毎日のように、やれトメハネがおかしいの、途中式が書いてないのと言われていると、生徒もうんざりするのではないかと思うのですが、意外にも(笑)そうでもないらしい。もしかしたら、そんなことをこれまで注意されたことがなくて新鮮なのかも知れませんし、貴重な機会だと捉えてくれているのかも知れません。


6月1日~6月15日

中学生の試験期間に入り、理科講座も地歴講座も休み。そのヒマを利用してたまっていた原稿仕事をしようと考えていたら、まるでタイミングを合わせたように奥歯が痛み始めた。どうせ肩凝りか何かに連動して一時的に痛むのだろう(そういうことがよくある)と放置していると、日に日に痛みが増す。諦めて歯科の主治医のところに行くと、虫歯だった。以前治療した箇所の周辺に、いつの間にか穴が開いていた。

このトシになると虫歯になりそうなところはあらかた虫歯になって治療済みであるし、新たに虫歯になるという事態はとても恥ずかしいのである。しかも左の下のいちばん奥で、治療しづらい上に麻酔も効きづらいと来たもんだ。

某日 というわけで主治医のところでは手に負えないからと専門医を紹介され、「静脈内鎮静法」で治療を受ける。点滴で麻酔をされ、眠っている状態で処置というか手術を受けて、目が覚めると処置のヤマは超えている、という素晴らしい方法。治療が終わる前に意識が戻ってしまったが、すでに神経は除かれていて痛みはなし。数年前には変な向きに生えていた親シラズを同じ方法で抜いてもらうため、別の病院に半日入院したことがあったけれど、この日は全部で2時間半くらいで終了。
 20代のころ、奥歯の虫歯を数か月放置したあげくに歯医者に行った。「よくまあ、こんなになるまで放ってましたね」と呆れられる状態。「麻酔しますけど、効きませんから」と宣告され、本当に麻酔が効かなくて激痛に絶叫しながら処置してもらった経験がある。医療の進歩には率直に感謝したい。

某日 長男が中2となり、次男も来年は中学に上がる年齢になったので、自宅の9畳の洋室を半分に仕切り、4畳半ずつの個室を二人に与えることにした。もともとそのつもりで設計してあったので、業者に連絡を取って打合せ、施工、とスイスイ進む。工事じたいは全部で5時間弱。その立ち会いをしたり大工さんへのお茶出しをしたりしながら自宅で原稿仕事。

某日 好天に恵まれ、荷物もなく急ぐ用事もない日だったので、今年初めて自転車で出勤。仕事場まで片道4km強。往路は下りが多く、ゆっくり走っても15分程度で着くが、復路は当然ながら登りが多いため20分以上かかるうえ汗だくになる。
 高校時代は交通が不便だったので自転車通学だった。片道10km弱の道を所要時間約35分で走ったものだ。思えば当時は健脚だったわけである。30年経って筋力も体力も衰えたが、ここらへんでせめて横這いになるよう維持したい。

某日 最高気温が29℃になり真夏日目前。急に暑くなってバテたような気がしたので、エアコンの試運転を兼ねて冷房を入れる。ようやく夏らしくなってきた。

某日 北海道学力コンクール事務局の夏期セミナーへ。例年盛況になっている感じ。ここで知り得た貴重な情報は、文字にできる部分は『神谷塾だより』に掲載し、できない部分は進学相談会(ご父母との面談)で喋ることになる。

某日 朝野球の今シーズン第7戦。このところコールド負けが続いて野球をやっている気がしなかったが、この日は時間一杯楽しんだ。双方とも打者一巡以上するイニングがあり、9-12の乱打戦。皆がぽんぽん打っているときに自分だけ打てないと悔しい(そういうことがよくある)が、この日は私も一死一・三塁のチャンスにセンター越えの二塁打が出て打点1。その後は遊ゴロ、三振と凡退したが、久しぶりに爽快だった。


5月16日~5月31日

今年も私学の塾向け説明会のシーズンとなった。入学案内パンフなどを見ているだけでは知ることのできない情報も話されることが多く、また校内を見せてもらえる貴重な機会でもあるので、できるだけ出向くようにしている。

札幌もようやく初夏を迎え、背広を着て歩いているとすぐに汗ばむ。もっとラフな格好で行っても拒まれはしないが、こんな時でもなければ背広を着る機会がないし、不審者と思われないため(笑)の保険でもある。

某日 F女子中高の塾向け説明会に。入学後の生徒の学業の安定ぶりについて、個人的に教頭先生・広報部長氏とやや突っ込んだ会話。率直なやりとりができて、これまで以上にお近づきになれた感じ。

某日 H女子中高の塾向け説明会に。全額学校負担でいろいろ最新鋭の学習機材を入れているとのこと。特に英語の多読学習法のため英語の書籍3000冊をドンと入れたのが目を引いた。神谷塾でも細々と本を買ってはいるがとても真似できない。(まだ確か200冊弱)

某日 理科講座の第6回。
 中1「圧力(1)」 / 中2「電流と磁界」
 中1も中2も各中学の進度よりこちらのほうが早いようだ。こちらは1コマでまとまったことをしたいので本当は学校を後追いする形が望ましいのだが、特に1学期はなかなかそうはいかない。だからといって中学に合わせているとこちらの年間スケジュールが成り立たない。しかも中1も中2も物理で始めなくてはならず、生徒には負担が大きい。それで演習題のセレクションに苦労する。毎年改訂しているのだがまだ改善の余地がありそう。

某日 理科講座の第7回。
 中1「圧力(2)」 / 中3「等速直線運動」「力の合成と分解」
 中1は物理分野の難所が終了。あとは各自コツコツと勉強して慣れてもらうことになる。
 中3はこの次に斜面上の運動(重力の分力が出てくる)をやるため、事前にどうしても力の分解を説明する必要があると思い、指導要領外ながら力の合成と合わせて例年説明している。現行指導要領も、2012年度からの新指導要領も、重力の分力を扱うくせに力の分解は教えないという困った内容である。

某日 地歴講座の第5回。
 地理「日本の位置と領域」「日本の地域区分」 / 歴史「平安時代(1)」
 平安前~中期では、私の興味の中心は空海の業績とか藤原道長の4人の娘の嫁ぎ先(みな道長の甥とか孫)で、これは生徒にとっての重要事項からはズレている。飛鳥から平安にかけてはこういうことがよくあるので、話が脱線しすぎないようにするのにいつも苦労するのである。私の好きな古代史が今年もまた終わってしまうけれど、そういう点では気が楽になるというべきか。でも、脱線しているときのほうがノリがいい気がするし、喋っていて楽しいんだよなあ(笑)

某日 地歴講座の第6回。
 地理「世界の地形」「地形図の読み方」 / 歴史「平安時代(2)」
 今の中学地理の教科書は何をどういう順序で勉強すればいいのかわからないようになっている。それが何かを意図してのことなのか、何も考えられていないのか、私には未だにわからない。それで、地歴講座では例年「前置き」として気候だとか地形だとか地図の読み方だとかを序盤で話し、次に日本地理を九州から7地域区分で北上、そのあと世界地理をアメリカ・ヨーロッパ・東アジア・東南アジアとやっていく。日本地理が昔のカリキュラムを踏襲しているのに対して世界地理がやや手薄な感じではあるのだが、年間スケジュールとしては丁度いい。

某日 地歴講座の第7回。
 歴史「鎌倉時代(1)」「鎌倉時代(2)」
 地理が一区切りついたのと、このあと試験期間で講座を休むので、キリよくするため歴史の2本立てに。
 平安末期から鎌倉にかけては、後白河天皇(→上皇→法皇)という人が影のキーパーソンである。中学歴史では知らなくても済んでしまう人物だが、今回から後白河のことを意識して喋るようにした。平安・鎌倉と区切って話をしていると限界があるかも知れない。どこかの歴史マンガのように、歴史の講座は人物中心でやるべきかも?

某日 近所の中古パソコン店でノートの安いやつを購入。これまでは仕事場と自宅で1台のノートを持ち運んで書き物をしていたのだが、雨が降ったり雪が降ったりするし、パソコンというのは壊れるときは突然壊れるので、予備が欲しいと思っていた。A4サイズでOSとしてXPが載っていて、ネットを見るときにそこそこ快適であればいいから、2万円くらいでないかなー(ジャンク品を買う勇気はまだない)と思って店に赴くと、あった。なーんだ、これならもっと早く買って楽をすればよかった、と嬉しいようなあっけないような気分で持ち帰り、ウィルス対策とワープロを搭載。自宅でネットに接続して完了。これでPCを持ち運ぶ必要がなくなり、体も心もいくぶん身軽になった気がする。

某日 映画『17歳の肖像』を観る。1961年のロンドン。オックスフォード大を目指して勉強中の高校生ジェニーの物語。封切り前に見たリーフレットでは尾木直樹氏や内田樹氏ら教育界の識者が絶賛。それでこの映画を見たいと思った…のではなく、予告編で見た主演のキャリー=マリガンがたいそう可愛かったためである(笑)
 高校生がいまの勉強を退屈に感じ、大学での学問にも無味乾燥なイメージしか湧かないとしたら、教師はどんな言葉で導いてやるべきなのか?(あるいは無理なのか?)と考えさせられたものである。ジェニーが校長との議論の応酬で「(教師なら)その答を用意しているべきだ」と言ったのが印象的。ついでに、英語が聴き取りやすいのも嬉しかった。

某日 朝野球の第2戦。第1戦は体調不良でベンチにいたので、私にとっては今シーズンの初戦。相手の投手が軟投派でカーブを多投する。うちのチームが苦手とするタイプだが、この日はコントロールに苦しんで四死球の山。我々は走者をためたところで一発が出たりして、5回でなんとコールド勝ちを納めた。私は3年目になり、これまでコールド負けはよく喫したものの、コールド勝ちは初めての経験。なお、私は2打席で2打席とも四球。打ちにいくと全部ファウルになっしまい、他は明らかにボールとわかる球ばかり。結果として「臭い球を全部カットして四球を選ぶ」という高度なことをやってのけたことになる(笑)。盗塁も1つ決めた。

某日 朝野球の第3戦。雨は上がったが外野の芝はしっかり濡れていて、一度守備につくとスパイクがグチャグチャと音を立てる。高校まではテニスという雨中では決して試合をしない競技をやっていたせいもあって、雨中とか雨上がりとかで靴や眼鏡がびしょぬれになるのにかつては閉口したものだが、最近は「それも野球のうち」と思うようになった。この日は最初の打席でセンター前にぽてんと落ちるヒットが出、それまでは四球ばかりだったため1打席1安打で瞬間的に打率10割となった(笑)。実戦では初めてスライディングしての盗塁も決めて、なかなか気分が良かった。チームの人数が多かったので、打率10割の状態で若い人に交替。

某日 次男の小学校の運動会を見物。絶好の運動会日和で、少し日に焼けた。例年、雨で順延になったり強風が吹いていたりで、なかなか天候に恵まれなかったのである。次男も小6となり、これでこの運動会も見納め。だんだん小学校と縁が切れていく。